商標登録.com(TM) > 手続についてQ&A > 商標登録にはどのくらいの期間がかかりますか?

手続についてQ&A-商標登録.com(TM)

商標登録にはどのくらいの期間がかかりますか?

商標登録の期間は、おおむね出願から5~6か月程度です。
詳しくは下記の通りです。

特許庁に出願するまでの手順として、登録可能性の検討、類似商標があるかどうか等の確認を当事務所にて行います。その結果、商標の変更やネーミング作成、ロゴマーク作成などの助言、ご相談が必要になることがあります。
調査の結果、問題なければ、出願書類案を作成してご確認いただく流れになります。
その場合には、書類作成、出願までは、平均して数日です。
特にお急ぎの場合には、この限りではありません。

登録までの期間は下記の通りです。
登録までは審査に約半年かかりますが、類似商標がなく他の権利侵害のおそれがないと判断されれば、登録を待たなくても使用をすることができます。
審査機関の半年程度というのはあくまでも平均的な審査の期間です。
特許庁から通知が当事務所に来るまでは、こちらでもわかりませんので、通知等参りましたらすぐにお送り申し上げるようにしております。

なお一定の場合には、早期審査の請求ができます。
早期審査の対象案件となれば、期間が短縮されることも期待されます。
ただし、近年、審査の早期化が進んでおり、5か月、あるいはそれ以前に審査が終わることもありますので、早期審査の必要性は少なくなっていると思われます。
早期審査の対象とするかどうかの審査に時間がかかっては、かえって意味がないこともありえます。

早期審査の対象となる出願は、下記の通りです。
(1)出願人又はライセンシーが、出願商標を指定商品・指定役務に使用している又は使用の準備を相当程度進めていて、かつ、権利化について緊急性を要する出願。
(2)出願人又はライセンシーが、出願商標を既に使用している商品・役務又は使用の準備を相当程度進めている商品・役務のみを指定している出願。
(3)出願人又はライセンシーが、出願商標を指定商品・指定役務に既に使用している又は使用の準備を相当程度進めていて、かつ、商標法施行規則別表や類似商品・役務審査基準等に掲載されている商品・役務のみを指定している出願。

審査において、拒絶理由通知が届き、これに対して応答する場合には、さらに2~3か月程度の期間がかかります。
拒絶理由通知への応答期間は、40日です。また、手続補正指令書への応答期間は、30日です。
在外者が出願人の場合には、期間はこれより長く指定され、国内でも一定地域では上記期間よりも長い期間が指定されます。
所定の場合には、期間の延長が認められる手続があります。

登録査定が来たら、登録料を納付する期間は30日です。

商標権の存続期間は、登録から10年間です。10年間ごとに更新登録が可能です。