商標登録.com(TM) > 手続についてQ&A > 日本語の商標とアルファベットの商標は、両方を登録しなければいけませんか?

手続についてQ&A-商標登録.com(TM)

日本語の商標とアルファベットの商標は、両方を登録しなければいけませんか?

日本語の商標とアルファベットの商標は、別々に登録することが可能です。
ただし別個の手続になりますので、費用などもそれぞれについてかかります。

このような場合には、どちらかだけを登録する方法や、振り仮名を振ったり、2段に併記して商標登録をする方法などがあります。
どのような方法が一番いいのかは、ケースバイケースですので、一概にはいえません。

商標が登録されれば、商標権は登録商標に類似する商標も権利の範囲内となりますので、色彩が異なる商標や、文字の書体が異なる商標、大文字と小文字の違い程度では、類似範囲とされます。
ちょっと変えただけで権利が守られなくなるのでは、商標制度の意味がなくなってしまうため、類似範囲が設けられています。
類似する商標により商標の真似や、偽ブランドなども防ぐことにより、登録商標は守られます。