商標登録.com(TM) > ご依頼の前にQ&A > 商標登録を誰に依頼したらよいですか?

ご依頼の前にQ&A-商標登録.com(TM)

商標登録を誰に依頼したらよいですか?

弁理士に依頼します。

弁理士は、商標登録出願のほか、特許出願、実用新案、意匠登録、国際特許出願に関する特許庁への手続の代理や、知的財産に関する調査、鑑定、相談、不正競争、著作権に関する業務、ライセンス契約、ブランディングなどの知的財産管理、模倣品対策や侵害訴訟などをおこなう国家資格者です。
弁理士の選び方については、当サイトでも関連情報を掲載しています。

また、弁護士も弁理士業務を行うことができるため、商標業務を取り扱っている弁護士に依頼することができます。ただ、一般的には、弁護士は契約や訴訟などが業務の主体であることが多く、当事務所も連携している各弁護士事務所から依頼がありますように、特許庁への手続は、弁理士に依頼することが通常です。

なお、弁理士または特許業務法人でない者が、他人の求めに応じ報酬を得て、特許庁における手続の代理行為等を業とすること(いわゆる「非弁行為」)は、弁理士法第75条により禁止されております。
非弁行為の防止に向けた措置について(特許庁)
特許庁のほか、日本弁理士会でも注意喚起しておりますので、ご注意ください。

また、弁理士が手続きを行うとされているサービスであっても、専門家を紹介する、専門家から見積が届くといったような、一般の会社が運営している仲介サイトのようなウェブサイトのご利用も、一切お勧めいたしません。
依頼者と弁理士事務所との間に、それ以外の民間第三者が関与しておりますほか、依頼者のコンピュータやスマートフォン等から送信されるデータが、こうした第三者の運営・管理するサーバーに送信され管理等されることになります。

たとえ秘密保持等の措置が万全であったとしても、弁理士は依頼者本人の代理人として特許庁に対する一切の手続をしますので、本人と代理人以外の第三者を必要としません。