商標登録.com(TM) > 検索 > 類似商標検索調査

検索-商標登録.com(TM)

類似商標検索調査

最近気になることとして、やたらと自分で商標登録できる!みたいな内容のものが見受けられます。一般の方が実際に手続してみたというものや、弁理士が解説しているものもあります。
しかしこのような解説では、(1)まずは類似商標の検索をする、(2)商標登録願の書式を用意して書類を作る、(3)特許庁に提出する、という内容になっているのが通例で、類似商標検索以外の調査・検索・検討や、指定商品・役務の検討など、結構肝心のところが抜けていたりします。
そこで、もう少し実際の仕事に則した事例を説明してみたいと思います。

ロゴか文字か・識別力調査 | 類似商標検索調査 | 出願書類作成 | 特許庁への出願・審査

ロゴ制作のタイミング
ロゴ商標の制作・識別力において、ロゴ制作の際に、識別力の有無について調査をし、検討することを述べました。
しかし実際にはロゴ制作の段階で、類似商標調査をしています。
これは考えてみれば当然のことです。商標を決定し、それをロゴマークにした後で、実は類似商標があったということになれば、デザインの作業が無駄になってしまうからです。

ついては必ず、商標の候補を考える、商標の候補を絞り込んだ段階で、類似商標調査をする、類似商標がなく、その他の問題もなさそうだという確認ができた段階で、ロゴ制作の作業に進むべきです。
識別力のない商標であっても、ロゴマークにすることで識別力のある商標にできるという関連性から、説明の便宜上、ロゴと識別力調査を同じ項でまとめました。

日本国周知・著名商標検索、不登録標章の検索
さて、類似商標がなく、その他の問題もなさそうだという確認と書きました。
商標の拒絶理由は多数あるため、たとえば、他人の未登録の周知商標ではないか、といった検討は必要になります。
しかし、商標法第4条第1項各号の拒絶理由は、きわめて多岐にわたるものであり、すべてを厳密に調査することは困難だと思います。

2017102617.jpg
日本国周知・著名商標検索の検索メニューは、J-PlatPatの商標メニューの中に用意されています。

2017102618.jpg
不登録標章の検索メニューは、J-PlatPatの商標メニューの中に用意されています。

以下、ご依頼者の事例を紹介するわけにもいきませんので、恥ずかしながら自分の過去の出願と、現在のロゴの制作を題材にして、説明をしてみたいと思います。

類似群コードの確認
類似群コードの確認と、識別調査を目的とした、J-PlatPatのメニューの内の「商標出願・登録情報」の検索調査については、ロゴ商標の制作・識別力において述べました。
特許情報プラットフォーム、J-PlatPatでは、入力項目に区分、あるいは類似群コードを入力する場合があります。
これらは、類似商品・役務審査基準で調べます。「類似商品・役務審査基準」は、弁理士にとって手放せないものです。

当サイトが提供する、「商標登録・調査についての相談、調査、出願代理等」は、第45類という区分に属する役務であること、第45類の中の、「工業所有権に関する手続の代理又は鑑定その他の事務」については、類似群コードは「42R01」となっていることが確認できました。類似群コードは、類似する商品・役務を示すもので、異なる区分なのに類似商品・役務であるということも多くあります。区分が異なるからいいというものでもありません。

現在使用している商標は、下記のもので、実際に出願をするとすれば、これを採用すると思います。

図形商標
【商標登録を受けようとする商標】

称呼検索

しかし、2004年当時に使用しており、実際に出願した時の商標は、下記のものです。

2017111910.jpg

そこでまずは、この商標に類似商標がないかどうかを確認するための、調査をしたいと思います。
当時の調査資料と、電子化したデータもありますが、ちょっと画像が粗いので、あらためて調査をしてみます。

先に出願された他人の登録商標またはこれに類似する商標であって、その商標と指定商品・指定役務が同一・類似の商標は、登録されません。
これは、よくある拒絶理由で、商標法第4条第1項第11号になります。

商標の類似とは
商標の類似には、読み方の類似である称呼類似のほかにも、見た目が類似である外観類似、意味合いが類似である観念類似があります。
たとえば、「だるま」の文字商標と、ダルマの図形商標が類似という例もあります。
称呼検索で調べるのは称呼類似です。

商標の同一とは、商標が同一で、指定商品・指定役務が同一ということになります。
商標の類似には、商標が同一で、指定商品・指定役務が類似のものがあります。
さらに商標の類似には、商標が類似で、指定商品・指定役務が同一のものがあります。
さらに商標の類似には、商標が類似で、指定商品・指定役務が類似のものがあります。

指定商品・指定役務が同一または類似というのは、類似群コードが同じものです。この点は単純です。
しかし商標の類似については、単純ではありません。
これを知るためには最低限、商標法第4条第1項第11号の商標審査基準を見て、頭に入れておく必要があります。商標審査基準は、一般の方が見たら頭がクラクラしてしまうかもしれません。しかし検索中も、検索結果が出た後も、単に感覚的に似ている、似ていないなどと勝手に決め付けてはいけません。
商標審査基準を手元に用意して、検索結果を見て判断する必要があるのです。

商標の全体が類似である場合のほか、商標の一部分が類似することで、商標全体が類似と判断される場合もあります。
だから本当は、弁理士に依頼した方がよく、自分で書類を作って手続をする場合にも、商標調査とその判断・検討、出願書類の内容の細かい決定は、有料であっても相談した方がいいと思います。

称呼の検討・決定
ともあれ、称呼検索を自分でしなければならなくなったとして、実際にやってみることにします。
そのためには、検索する称呼を決める必要があります。
これも勝手に自分で考えて決めるのではなくて、商標審査基準をよく読んで、必要な称呼を決定しなければなりません。

さて、2004年に実際に出願した商標から、どのような称呼が生じるでしょうか?
「ショウヒョウトウロクドットコム」、「ショウヒョウトウロクコム」、「ショウヒョウトウロク」、「ラクラクショウヒョウトウロク」、「ラクラク」、このあたりの称呼は確実に生じます。
URLの部分と、「ドットコム」の部分からも、称呼が生じるかもしれません。しかし「ドットコム」が共通するだけで、類似商標であるとするのも現実的ではありませんが、不明であれば一応念のため、称呼として検索してみたほうがよいでしょう。

検索対象の範囲の検討
さらに注意点として、よくある解説で、「登録したい区分(あるいは類似群コード)で類似商標検索しましょう」のような記載がありますが、それだけでは不十分な場合が多くあります。
たとえば、「商標登録ドットコム」を第45類の「工業所有権に関する手続の代理又は鑑定その他の事務」について使用するとしても、その他にも第41類の「画像の提供、電子出版物の提供」や、第42類の「電子計算機用プログラムの提供」を、一部のページでは行っています。2004年当時は電子出版物(PDF等)の提供はやっていなかったと思いますが、場合によっては第9類「電子出版物」まで調査した方がいい場合もあります。

登録するよりも広い範囲で調査を行うべきでしょう。なぜなら、登録できそうかどうかの確認以前の問題として、使っても大丈夫な商標なのか、他人の商標権を侵害するおそれがないかの確認という大問題があるからです。
なお実際には、ウェブサイトの名称を決めて、ドメイン名を登録する時点で調査はしています。

称呼検索の方法
それでは実際に、称呼検索をしてみます。称呼検索は、商標の読み方で検索するものです。

類似商品・役務審査基準
特許情報プラットフォーム

特許情報プラットフォーム、J-PlatPatの商標メニューから、「称呼検索」を選んで検索画面を呼び出します。

2017111913.jpg
称呼を「ショウヒョウトウロクドットコム」、「ショウヒョウトウロクコム」として、区分を第45類として検索してみます。
検索結果は1件でした。一覧表示をクリックすれば、商標の一覧の中から商標を個別にクリックすると、詳細な情報を表示させることができます。
さらに、出願の経過情報などを表示させることもできます。

2017111914.jpg
上記の全部のパターンをここに書いているときりがないので、はしょります。実際の調査では当然、全部をきちんと行います。
称呼を「ラクラク」として、類似群コードを42R01として、検索してみました。
検索結果は6件でした。

2017111915.jpg
一覧表示を見ると、3件が登録、3件は出願中でした。商標の一覧の中から商標を個別にクリックすると、詳細な情報を表示させることができます。
さらに、出願の経過情報などを表示させることもできます。

一通りのすべての検索を終えたら、類似商標の有無の判断を行います。
結論として、類似商標はないという判断に至りましたが、もっと微妙な検索結果が出ることは多々あることです。商標審査基準などをよく調べ、難しかったらやはり弁理士に相談するべきです。

図形等商標検索

次に、今回はロゴ商標なので、図形等商標検索を行います。
ロゴといっても、文字がほとんどである場合には、称呼検索の結果に出るものです。
今回の図形は、円の組み合わせという比較的単純なものですが、複雑な図形の場合には、まずはどのような図形分類で検索すべきかということに、頭を悩ませることもしばしばです。

2017111916.jpg
ウィーン図形分類の検討・決定
まずは、J-PlatPatの商標メニューの中から、「図形等分類表」で調べます。
ここで調べるウィーン図形分類は、ウィーン協定に基づいて定められた標章の図形要素を分類したものであり、国際的に統一された、図形の分類・検索コードです。

分類表をずっと見ていくと、
26.1 円、楕円
という項目がありました。

さらにその中に、関係ありそうな項目として、下記のいくつかがありました。
*26.1.1 円
*26.1.5 三つ以上の円又は楕円、三重の円又は楕円あるいはらせん形
又は 三つ以上の円又は楕円、三重以上の円
*26.1.6 並置・結合又は交差する複数の円あるいは楕円
A26.1.22 その他の形態に並べられた文字を内包する円又は楕円

検索するときには「*」や「A」は除いて、「26.1.1 26.1.22」のように検索します。
「26.1.1 26.1.22」と指定した意味合いは、「円」であってなおかつ「(円形または楕円形以外の)その他の形態に並べられた文字を内包する円又は楕円」ということになります。

これでも複雑なのですが、たとえば、「幾何学図形と、雲のような波のような3本の筋が配置されている中に、擬人化されているウサギのようなキャラクターが靴を履いている図形」のようなことになると、大変なことになります。しかしこのような例は多く、検索条件も、何通りも考えて試してみることになります。
似ていない検索結果が多く出てきたら、指定の仕方が悪いのかもしれません。何通りもやるべきです。

図形等商標検索の方法
それでは実際に調べます。
J-PlatPatの商標メニューの中から、「図形等商標検索」のメニューを選び、検索画面を呼び出します。
図形等分類を「26.1.1 26.1.22」と指定して、区分を第45類として検索してみます。
2017111917.jpg
検索結果は1件だけでした。
実際の調査では、何十件、何百件となることが多いので、依頼者用にプリントアウトするだけでも大変です。
2017111918.jpg
一覧を見てみます。ちょっと違うような・・・。
クリックして詳細を確認することもできますが、一見して違うので、他の検索をしてみます。
件数が少なそうなので、「26.1.1」(円)だけで検索してみたら、今度は10841件もありました。

書いていてこの後、なかなか苦労しました。
「26.1.1 26.1.5」と指定して、「円」and「三つ以上の円又は楕円、三重の円又は楕円あるいはらせん形又は 三つ以上の円又は楕円、三重以上の円」として、なおかつ類似群コードを42R01として、検索してみました。
2017111919.jpg
今は調査のサンプルとして、適度な件数になるように調整していますが、検索条件の入力は、漏れのないように論理的に考えて組み立て、行うべきものです。

2017111920.jpg
ようやく、一覧表示となりました。特に類似するような気になるものは、個別の商標をクリックして、詳細を見ることができます。

結果、類似のものはないと判断できました。
以上で類似商標検索は終わりです。

ロゴ商標の制作・識別力 | 類似商標検索調査 | 出願書類作成 | 特許庁への出願・審査