商標登録.com(TM) > 商標調査Q&A > 称呼とは何ですか、出願時に記載する必要がありますか?

商標調査Q&A ≡ 記事一覧

称呼とは何ですか、出願時に記載する必要がありますか?

称呼(しょうこ)とは、商標の読み方のことです。
商標の称呼は、審査において、他の商標と類似するかどうかを判断するために用いられます。
そのため、出願をする前の商標調査の時に、類似商標を検索をするために称呼を入力します。

商標調査での称呼検索
特許庁のデータベース・特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat)で商標検索をすると、出願中あるいは登録になっている商標それぞれに、称呼が記載されています。

データベースにある商標の称呼は、検索ができるように割り振られたキーワードのようなもので、特許庁が付与します。
1つの商標に、何通りも読み方が考えられる場合などには、複数の称呼があるときもあります。
出願人が称呼を決めて記載する必要はありません。

検索をするときに、称呼が同一・類似の商標を検索する場合には、称呼を指定して検索します。
称呼検索
類似商標を検索するためには、自分が登録したい商標など、調査する商標からどのような称呼(読み方)が考えられるか、称呼は1つだけか、何通りもあるか、よく検討しなければなりません。
商標全体ではなく、商標の一部分だけから称呼が生じることもあります。

称呼類似
他人の類似商標があると、拒絶理由に該当しますので、商標を登録することができません。
類似商標があるとして、審査中に特許庁から拒絶理由通知が来た場合には、類似するとされた商標(引用商標)と、商標どうしが類似するかどうか、指定商品・指定役務の類似群コードを確認しこれらも類似するかどうか、確認し、対応しなければなりません。

商標どうしが同一か類似で、なおかつ指定商品・指定役務が同一か類似であれば、類似商標となります。
商標は類似しないと反論できる場合や、類似する商品。役務を削除する等の対応ができればいいのですが、そうでない場合には登録が困難となるケースは多々あります。

事前に調査をし、商標を決める際に類似商標があるかどうかの確認をすることが、とても重要です。
先に出願された他人の同一商標・類似商標(商標法第4条第1項第11号)

pagebottom