商標の制作  ≡ 記事一覧

お問い合わせ

商品名やサービス名、ブランド名、ウェブサイト名称などのネーミングや、ロゴマークのデザイン、キャラクターのデザイン段階から、商標調査を行い、ご相談に応じ、時には複数の候補の中からの案の絞り込みなどにも対応しております。これらの公募コンテストや、地方自治体や各種団体のキャラクター候補の類似商標調査などにも実績が多数あり、複数候補からの段階を追った調査については、ご依頼調査数に応じた割引金額にて行っております。
ロゴマークを制作して商標登録した方がいいケースや、変更した方がいいケースなどについての助言等も行っております。

商標とブランディング

ブランド(brand)という言葉は、英語の「burned」からきており、焼印を押すという意味がその起源です。古くは、放牧してある牛に焼印を押したり、醸造されたウィスキーの酒樽に焼印を押したりして、所有者や製造元を区別するために文字やマークを入れたことがはじまりです。
わが国でも、陶磁器に窯元や作者の印章・紋章を押したり、造り酒屋の軒先の杉玉(酒林)を吊り下げたり、看板の文字や紋章、あるいは家紋などに工夫がこらされてきました。

商工業の発達とともに、このように製造者、販売者などを識別するための文字や紋章などを保護するため、商標登録制度が設けられました。

商標には、自分のところの商品と、他の商品とを区別する機能(自他商品識別機能)、商品やサービスが一定の製造者や販売者により提供されることを認知させる機能(出所表示機能)、ブランドがその商品やサービスは一定の質を備えていることを保証する機能(品質保証機能)、これらを需要者、消費者に知らしめることにより、より認知度や好感度を高めブランドを維持・発展する機能(広告宣伝機能)があるといわれています。

ただし、製造者、販売者などを識別するための文字や紋章、マーク、さらには立体商標、コーポレートカラー、ジングル(音)などは、ブランドのシンボルの一部分にすぎません。
そのブランドが提供し、保証し、約束する理念や、商品・サービスの水準や、広告・宣伝のメッセージや、経営理念、経営者や事業を提供する者の考え方、店員の態度に至るまで、需要者・消費者が目にし耳にするブランドを構成するすべての要素が、ブランドづくりには大切な要素となります。

商標の制作について

商標を設計し制作するために大切なこと。
ブランドをどのようなコンセプトで、どのような消費者に対し、どのように伝えていくかを策定することが、広い意味でのブランド設計です。
これを具体的に商品展開、広告展開、販売の現場において展開するために、商品企画・デザイン、パッケージ企画・デザイン、サービス内容の設定を行い、使用されるブランドのシンボルとなる商標を決めることが、狭い意味でのブランド設計となります。

ブランドシンボルとなる商標は、消費者が目にし、耳にし、時には触り、そのブランド商品・サービスを他とは区別する際の重要な要素となります。

ネーミング
ネーミングの制作で大切なことは、わかりやすいこと、覚えやすいこと、他と区別しやすいこと、商品・サービスの内容が連想できることなどです。
商標登録されていないこと、商標登録できること、インターネットでの展開を考えればドメインネームの登録ができることなどが必要です。
また、消費者に対し悪い印象を与えるものではないこと(たとえば、外国語での意味、他者の模倣など)などが重要になります。

ロゴデザイン
ロゴマークなどの制作について大切なことは、ブランドイメージを視覚的に体現したロゴであること、顧客(ターゲット)の感性に受け入れられやすいロゴであること、パッケージ・ツール・メディアに付した際に識別しやすいものであること、ブランドイメージにそぐわないデザイン・色彩ではないこと、などです。
さらに、商標登録されていないこと、商標登録できること、他人の著作権を侵害しないものであることなどが必要になります。

キャラクターデザイン
キャラクターは、近年多くのブランドで用いられ、そのブランドイメージを、人、動物、架空のキャラクターなどを通じてアピールするとともに、パッケージ・ツール・メディア・販売促進・商品化などによってイメージキャラクターとして活用されています。
実在人物などを広告キャラクター、イメージキャラクターとして起用することもあります。

シンボルカラー
ロゴデザインだけではなく、印刷物・ツール、店舗デザイン、制服デザインなどに共通して使うカラーを策定する場合があります。
色彩は、ブランドイメージ、消費者に受け入れられたい心理などを表現する有効な媒体となります。
競合ブランドのシンボルカラーには注意が必要です。

ジングル
商品・サービスを宣伝・告知する際に用いられる短い音楽・音声です。
覚えやすいこと、印象に残りやすいこと、口ずさみやすいことなどが重要になります。
音も商標の一種であるという考え方が世界的に広まりつつあります。

商標登録とネーミング

商標は先に出願をした者が優先して登録することができ、企業名、商品名、サービス名、ウェブサイト名を、他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。
商標権者の許諾なくして使用してしまうと、使用の差止や、損害賠償請求をされるおそれがあります。
したがって、ネーミングに際しては、会社名であれば会社名・商標・ドメイン名をすべて調査して登録を検討することが重要になりますし、新商品を発売するとき、ウェブサイトを開設するときにも、商標・ドメイン名を調査して登録を検討することが重要になります。
商標調査には専門的判断を必要としますので、ネーミング案の作成と、商標調査とは連携して行う必要があります。

ロゴマークと商標登録

商標は先に出願をした者が優先して登録することができますが、これはロゴマークの商標についても同じです。
企業ロゴ、商品ロゴ、サービスロゴ、ウェブサイトロゴなどに類似する図形商標を、他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。
著作権侵害で勝手に登録された商標であれば、これを無効にする方法もありますが、たまたま類似するキャラクターが登録されてしまっては、どうすることもできない場合があります。
商標は先に出願をした者が優先して商標登録することができ商標権者の許諾なくして使用してしまうと、使用の差止や、損害賠償請求をされるおそれがあります。

したがって、ロゴマークのデザインに際しては、会社名のロゴであれば図形商標・文字商標・ドメイン名をすべて調査して登録を検討することが重要になります。
あるいは、新商品を発売するとき、商品のリニューアルをするとき、ロゴマークの変更をするとき、ウェブサイトを開設するときなどにも、商標・ドメイン名を調査して登録を検討することが重要になります。

商標調査には専門的判断を必要としますので、ロゴデザイン案の作成と、商標調査とは連携して行う必要があります。

Share: