商標登録.com > 商標の制作 > キャラクター

キャラクター-商標の制作

キャラクターと商標登録

商標は先に出願をした者が優先して登録することができますが、これはキャラクターの商標についても同じです。
キャラクターを創作した者にはもともと著作権が生じるため、何もしなくても権利が保護されていると単純に思われがちです。
しかし、商品または役務(サービス)について使用するキャラクター、つまり業務上、識別標識・出所表示として使用するキャラクターは、商標であり、商標法では先に類似商標が登録されてしまうと登録も使用もできないとされています。著作権侵害で勝手に登録された商標であれば、これを無効にする方法もありますが、たまたま類似するキャラクターが登録されてしまっては、どうすることもできない場合があります。

つまり、企業キャラクター、商品キャラクター、サービスキャラクター、ウェブサイトキャラクターなどに類似する図形商標を、他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。
商標権者の許諾なくして使用してしまうと、使用の差止や、損害賠償請求をされるおそれがあり、キャラクターの創作において商標権に最大限の注意を払う必要があります。
したがって、キャラクターデザインに際しては、図形商標を調査して登録を検討することが大切です。

また、他人の著作権を侵害していないことにも注意が必要となります。
商標調査には専門的判断を必要としますので、キャラクターデザイン案の制作・選択と、商標調査とは連携して行う必要があります。
当サイトでは、企業や地方自治体のキャラクターの調査や商標登録、あるいはキャラクターデザインの募集・コンテストに付随して図形商標調査を行うことなど、この分野での案件も多く取り扱っております。

キャラクターデザイン開発の手順

(企業・商品キャラクター等の開発の場合)
商品特性・マーケティングコンセプトに基づくアイディア抽出
ブランドが顧客に対し提供する約束(ブランドプロミス)に基づき、ブランドの理念、商品・サービス内容、市場分析・競合分析などに基づき、デザインコンセプト、デザインアイディアを多数、抽出します。
キャラクターの新規開発か、既存キャラクターの起用かを検討します。

(キャラクター自体の商品化の場合)
ストーリーに基づくアイディア抽出
映画・漫画・ゲーム・絵本・ウェブコンテンツなどのストーリーを設定します。
ストーリーに登場する人物・動物・架空の生物などを、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。
家族・友人・仲間・敵、その他のそれぞれについて、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。

キャラクターデザイン手法の検討
企業名称・理念・由来等のシンボルキャラクター化、商品特性・サービス内容・イメージ等のシンボル化、消費者とのコミュニケーション媒体・消費者気分・商品やサービス利用心理のシンボル化、商品自体のシンボル化・キャラクター化など、キャラクター化の手法を検討します。
企業・商品キャラクター等の開発の場合にも、ストーリー、プロフィール等の設定を行います。

キャラクターデザイン案作成
キャラクターデザイン手法、デザインコンセプトごとに、抽出されたアイディアに基づくキャラクターデザイン案を多数、ラフデザイン(ラフスケッチ)にて作成します。キャラクターデザインのバリエーションも多数考案します。

キャラクターデザイン案の絞込み
キャラクターデザイン手法、デザインコンセプトごとに、キャラクターデザイン案を数案前後に絞り込みます。

商標調査
キャラクターデザイン案が商標権を侵害しないか、商標登録できるかどうか、類似の図形商標がないかどうか、海外商標調査や、外国で不適切な意味合いを連想させないか等の調査をします。

キャラクターデザイン案の提案
商標調査を経たキャラクターデザイン案を、キャラクターデザイン作成依頼者に対し提案します。

キャラクターデザイン決定
最終的なロゴデザインを決定します。
必要に応じ、カラー印刷用、モノクロ印刷用、ウェブサイト用、その他使用目的などにあわせたバリエーションデザインを制作します。

目的による分類

キャラクター自体のデビュー・商品化
映画・漫画・ゲーム・絵本・ウェブコンテンツなどのストーリー、その他に登場するキャラクターそのものが著作物として、商品として世の中にデビューするべく、キャラクターを開発します。
商品ジャンルごとに商品化を許諾するなどして収益を分配することも企画されます。

企業・商店のイメージキャラクター
企業や店舗などの永続的なイメージキャラクターとして、時にはロゴマークや広告にも用いられるように、キャラクターがデザインされます。

商品・サービスのイメージキャラクター
商品やサービスの永続的なイメージキャラクターとして、時にはロゴマークや広告にも用いられるように、キャラクターがデザインされます。

広告・販売促進用キャラクター(新規キャラクターの開発)
企業や商品・サービスの一時的なイメージキャラクターとして、広告や販売促進等に用いられるように、キャラクターが新規にデザインされます。

広告・販売促進用キャラクター(既存のキャラクターの採用)
企業や商品・サービスの一時的なイメージキャラクターとして、広告や販売促進等に用いられるように、既存の有名・無名のキャラクター使用の許諾を得て利用されます。

キャラクターデザインの手法による分類

ストーリーの登場人物等
映画・漫画・ゲーム・絵本・ウェブコンテンツなどのストーリー、その他に登場する人物・動物・架空の生物などを、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。
「ミッキーマウス」
「HALLO KITTY」
「クレヨンしんちゃん」

ファミリー・キャラクター
人物・動物・架空の生物などのキャラクターの、家族・友人・仲間・敵、その他のそれぞれについて、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。
「サザエさん」

企業名称・理念・由来等のシンボルキャラクター化
商品特性・サービス内容・イメージ等のシンボル化
「クロネコヤマト(親子のネコのキャラクター)」
「佐川急便(飛脚のキャラクター)」
「ケンタッキーフライドチキン(カーネルサンダース)」

消費者とのコミュニケーション媒体・消費者気分・商品やサービス利用心理のシンボル化
「ライオン(ライオン)」
「ペコちゃん(不二家)」
「カールおじさん(明治製菓)」

商品自体のシンボル化・キャラクター化
「M&M’S(チョコレートのキャラクター)」
「ポテト坊や(カルビー)」

地域活性化のための地方自治体等のキャラクター
「ひこにゃん(滋賀県彦根市)」

キャラクターチェックリスト

□ストーリーができていること
□プロフィール・性格等が設定されていること
□わかりやすいこと
□覚えやすいこと
□親しみやすいこと
□ストーリー、ブランドイメージ等を視覚的に体現したものであること
□ストーリー、ブランドイメージ等にタッチ、色彩等がマッチしたものであること
□キャラクター同士の調和がとれること
□観衆・顧客(ターゲット)の趣味・嗜好・感性に受け入れられやすいこと
□ストーリー・ブランドイメージ等にそぐわないプロフィール・性格・デザイン・色彩ではないこと
□他のキャラクターと区別・差別化ができること
□一般的過ぎて印象に残らないものではないこと
□パッケージ・ツール・メディアに付した際に識別しやすいこと
□メディア・広告・消費者とのコミュニケーションなどで活用しやすいこと
□使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること)
□独自に開発する場合には、著作権等を侵害していないこと
□既存キャラクターを利用する場合には、利用許諾を適切に得られていること
□外国語での意味合いが、悪い印象を与えるものではないこと
□他者の著名なマーク、キャラクター等を連想させないこと

Share: