商標登録.com > 商標の制作 > ネーミング

ネーミング-商標の制作

商標登録とネーミング

商標は先に出願をした者が優先して登録することができ、企業名、商品名、サービス名、ウェブサイト名を、他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。
商標権者の許諾なくして使用してしまうと、使用の差止や、損害賠償請求をされるおそれがあります。
したがって、ネーミングに際しては、会社名であれば会社名・商標・ドメイン名をすべて調査して登録を検討することが重要になりますし、新商品を発売するとき、ウェブサイトを開設するときにも、商標・ドメイン名を調査して登録を検討することが重要になります。
商標調査には専門的判断を必要としますので、ネーミング案の作成と、商標調査とは連携して行う必要があります。

カテゴリーによる分類

企業名ネーミング
企業(事業体)が、提供する商品やサービス全般について統一して用いる、コーポレートブランドのネーミングです。また、複数のグループ企業がグループ全体で統一して用いるものも多くあります。会社名やマークなどのシンボル、また企業グループのシンボルを多くは使用しますが、社名以外の愛称(ペットネーム)を統一して使用することもあります。

例:「SONY」「TOYOTA」「NTT」「Microsoft」

事業ブランドネーミング
企業(事業体)の中の特定事業分野の商品・サービスに統一して用いるブランドのネーミングです。

例:「National」「Panasonic」「デルモンテ」「オペル」「AfternoonTea」

ファミリーブランドネーミング
複数のカテゴリーに属する商品やサービスのラインナップについて共通して用いるブランドのネーミングです。

例:「植物物語」

個別ブランドネーミング
個別の商品名・サービス名などのブランドのネーミングです。

例:「VAIO」「iBOOK」「カローラ」

これらは厳密に区別できるものではなく、また企業名+個別商品名のようなネーミング(例:「アサヒスーパードライ」)もあります。
また地域の複数の事業者が共通して使用する地域ブランドのネーミング(例:「信州味噌」「関サバ」)などもあります。

ネーミング手法による分類

日本語によるイメージ造語
「楽天」
「植物物語」
「ラ王」

外国語によるイメージ造語
「AQARIUS」
「カップヌードル」

足し算・引き算・掛け算による造語
「写メール」(写真+メール)
「So-net」(SONY+Network)
「TEXACO」(TEXAS+COMPANY)
「液晶ビューカム」(液晶+VIEW+CAMERA)

当て字・語呂合わせによるネーミング
「通勤快足」(通勤快速)
「アスクル」(明日来る)

商品特性の説明によるネーミング
「無印良品」
「写ルンです」
「じっくりコトコト煮込んだスープ」

氏名によるネーミング
「TAKEO KIKUCHI」
「シュウ ウエムラ」

略称によるネーミング
「JETRO」(JAPAN EXTERNAL TRADE ORGANIZATION)

記号・無意味語によるネーミング
「au」
[Yahoo!」
「α-7000」

ネーミング開発の手順

商品特性・マーケティングコンセプトに基づくキーワード抽出
ブランドが顧客に対し提供する約束(ブランドプロミス)に基づき、ブランドの理念、商品・サービス内容、市場分析・競合分析などに基づき、キーワードを多数、抽出します。

ネーミング手法の検討
日本語によるイメージ造語、外国語によるイメージ造語、足し算・引き算・掛け算による造語、当て字・語呂合わせによるネーミング、商品特性の説明によるネーミング、氏名によるネーミング、略称によるネーミング、記号・無意味語によるネーミング、その他のネーミング手法、これらの組み合わせ手法などを検討します。

ネーミング案作成
ネーミング手法ごとに、抽出されたキーワードに基づくネーミング案を多数作成します。

ネーミング案の絞込み
ネーミング手法ごとに、ネーミング案を数案前後に絞り込みます。

商標調査
ネーミング案が商標権を侵害しないか、商標登録できるかどうか、また必要に応じドメイン名登録できるかどうか、類似会社名がないかどうか、海外商標調査や、外国で不適切な意味合いを連想させないか等の調査をします。

ネーミング案の提案
商標調査を経たネーミング案を、ネーミング作成依頼者に対し提案します。

ネーミング決定
最終的なネーミングを決定します。

ネーミングチェックリスト

□わかりやすいこと
□覚えやすいこと
□他と区別しやすいこと
□商品・サービスの内容が連想できること
□一般的過ぎて印象に残らないものではないこと
□シリーズ(複数ブランドのラインナップ、サブブランド等)で展開する場合には、ネーミング同士の調和がとれること
□使用できるものであること(商標登録されていないこと、商標登録できること、ドメインネームの登録ができること)
□外国語での意味合いが、悪い印象を与えるものではないこと
□他者の著名な名称、略称等を連想させないこと

Share: