商標登録.com > 契約・侵害 > ライセンス契約

ライセンス契約-契約・侵害

使用権の登録

専用使用権の設定、分割、移転(相続その他の一般承継によるものを除く)、変更、消滅(混同又は意匠権の消滅によるものを除く)又は処分の制限は、特許庁に登録をすることにより効力を生じます。

通常使用権は、登録をしなくても、有効な契約の成立により効力を生じます。
しかし、通常使用権の登録をしたときは、その商標権・専用使用権・その商標権についての専用使用権をその後に取得した者に対しても、効力を生じます。
したがって、通常使用権を登録しておくことができるならば、商標権等が分割・移転しても、ライセンスを受けた者の地位が変動することを防げるのです。

専用使用権、通常使用権の登録には、許諾を受ける当事者(登録権利者)が、許諾をする当事者(登録義務者)の協力を得ることが必要です。
したがって、ライセンス契約においてこのような登録条項を設ける場合には、登録に関する協力義務をうたい、あるいはライセンス契約の調印に際して、特許庁への登録に必要な書面への捺印を同時に受ける等の手段がとられます。

許諾による通常使用権は、商標権者(専用使用権についての通常使用権にあつては、商標権者及び専用使用権者)の承諾を得た場合、相続その他の一般承継の場合に限り、移転することができます。

商標ライセンスチェックリスト

契約の当事者
許諾をする当事者(ライセンサー)
許諾を受ける当事者(ライセンシー)

許諾の対象
商標登録番号
出願番号・商標・指定商品及び指定役務
商品等表示・商品形態等の許諾の有無・範囲

許諾の種類
専用使用権
独占的通常使用権
通常使用権

ライセンスの範囲
期間
地域
指定商品・指定役務
許諾される使用の態様
・物の生産、使用、譲渡、貸渡し、電気通信回線を通じた提供、輸入、譲渡等の申出、譲渡等のための展示

再許諾
許諾を受けた者がさらに実施許諾することを認めるかどうか
再許諾をする範囲・許諾先の範囲

対価
イニシャルペイメント方式
従量・料率ロイヤルティ方式
支払い方法
実施料の報告方法・報告形式
販売等の数量・金額の確認・監査

商標の使用態様
ロゴ・色彩・使用方法・商標管理マニュアル
顧客吸引力・信用秩序の維持管理
不正使用の防止・管理
不使用の防止・管理
普通名称化の防止・管理

アプルーバル(品質管理)
品質管理・チェック
アイテム管理

対価の不返還条項
商標登録維持義務
商標権の無効理由の不保証
権利侵害に対する通知・協力
秘密保持
契約期間
契約終了条項
紛争処理条項

Share: