商標登録.com(TM) > 自社出願サポート

自社出願サポート

当事務所では、商標の自社出願をされる会社・団体・組合・公共団体様のサポートをしています。
弁理士オンデマンドの自社出願サポートは、知的財産部(知財部)、法務部、その他、商標担当者をお決めいただいた企業様、団体様にご利用いただける安心メニューです。

「弁理士オンデマンド」-商標登録に、必要なときだけの弁理士。

商標調査だけ、あるいは出願書類を拒絶理由を受けないようにチェックしてもらいたい、拒絶理由通知が来たら意見書だけ、手続補正書だけを弁理士に依頼したい、といった、メニューごとの依頼をすることができます。

必要になったらそのつどお見積をして依頼する、弁理士のスポット契約と、定額の月額制の定期契約とをご用意し、しかも両者の併用ができるように、オーダーメイドでのご利用ができます。

定期契約は、毎月定額で利用できるほか、未使用分は翌月に繰り越し、さらに月額料金をいつでも変更でき、各定額メニューによって33~42%お得にご利用できます。

スポット契約

  商標調査サポートは、こんな場合に最適です。

自社で検索調査をしてみたが、調査結果の判断や検討が難しい。

難しい判断や検討、調査報告書の作成は弁理士に依頼したい。

自社で出願したいが、登録できるかどうか、見通しを知りたい。

他人の商標権を侵害していないかどうか、弁理士の見解がほしい。

  出願書類作成サポートは、こんな場合に最適です。

自社でできる作業、管理は社内で行い、費用を抑えたい。

難しい判断や検討が必要な部分だけは弁理士に依頼したい。

自社で出願したいが、それにかける手間や時間、人員は減らしたい。

  意見書作成サポートは、こんな場合に最適です。

拒絶理由通知が来たが、適切な対応方法が難しい。

拒絶理由通知に対し、意見書を出せば登録できそうなのか、判断に自信がない。

自社で意見書を書こうと思ったが、それでも駄目で拒絶査定になるか不安だ。

自社で出願はするが、拒絶理由通知に対する対応は、弁理士に依頼したい。

ご利用規約

守秘義務・弁理士倫理
弁理士及び弁理士の使用人は、弁理士法により高度な秘密保持義務を負っています。 依頼者の依頼に基づき、誠実に事務処理を行います。

ご相談、ご依頼内容の確認のご連絡
スポット契約、定期契約のいずれの場合も、実際に発生する有料作業の場合には、必ず事前にお見積いたします。通常の電子メール、FAX、電話、面談等でのやりとりだけで、いきなり費用がかかることはありません。
電子メールやFAXでご連絡・ご相談等をお送りいただきますと、追って弁理士・金原正道が確認・検討のうえ、確認の返信でご連絡申し上げます。専門的な検討を行うことがありますので、返信に2~3日かかる場合がございます。 必ず1件1件を、専門家としての責任をもって検討させていただくためです。

契約の成立と着手
定期契約の場合には、最初に定額コースの金額をお決めいただき、お申込みいただきます。弁理士がその内容に対し返信等によるご説明等をお送りし、契約の成立となります。
具体的なご依頼の際には、スポット契約、定期契約のいずれの場合にも、ご依頼・ご相談に対し、弁理士からの返信により、書類作成内容・有料作業内容や費用をご確認いただき、確定したときとなります。各案件についてはこの時が契約の成立となりますので、このサイトからご依頼・ご相談内容を送信しただけでは正式や契約成立とはなりません。弁理士の検討結果や検索結果により、書類の作成内容や費用が変動することがあるためです。

中途解約等
無料のご相談等の段階で終了しただけでは、費用はかかりません。
正式な調査報告書を作成し、調査だけで途中で終了した場合には、調査費用を申し受けます。その他、依頼者側の責任において中途で取りやめになった場合において、作業が進行していた場合には、諸経費 実費全額および進行度合に応じ、ご相談により報酬を申し受けます。

商標調査報告等の作成・送付
商標調査の場合には、 調査内容、商標法の登録要件、類似商標検索結果とコメント、登録可能性の判断やアドバイスを含む報告書を、電子メール又は郵送でご報告いたします。

作成した書類(案)の作成・送付・ご確認
出願書類、意見書等の作成の場合には、依頼者のご希望と、商標調査報告書の結果にしたがい、双方で内容を確認し、弁理士本人が書類を作成いたします。 作成した書類は、納品前にお送りしてご確認をいただきます。

書類等の納品の完了
出願書類、意見書等の書類作成の場合には、作成した書類のご確認の結果、OKであれば作成した書類をお送りし、スポット契約の場合にはその際に請求書を発行いたします。
定期契約の場合には、毎月1日から月末までのサポートについて、月末日に定額請求書を発行いたします。

スポット契約のお支払方法
費用は、原則として有料作業・出願完了時に請求書を発行いたします。

定期契約のお支払方法
毎月定額で、それ以上の所定の金額(スポット契約の料金表)までのサポートを受けられます。
所定の金額を超えても、スポット契約の料金表に基づき、制限なくご利用できます。
所定の金額を超える部分については、定額に上乗せして月末に請求書を発行いたします。
定額コース変更は、増額、減額共に、お申し出により次回の請求書から反映されます。

データの機密保持等
データの機密保持や個人情報の保護に関しては、単なる職務上の守秘義務だけではなく、データと電子メール本文を暗号化(SSL,Pop Over SSL)するなど、他のサイトには引けをとらない手段を講じております。 善良なる管理者としての注意義務を果たしている限り、ご依頼者の不正な操作、第三者の不正利用、不可抗力その他の、当サイト運営者の故意または重過失のない事由によるデータの破損、機密・個人情報漏洩、損害等に関しては一切の責任を負うことはできません。

雑則
ご依頼者の不誠実な対応や財政状態、その他当サイト運営者の故意または重過失のない事由によっては、以後の出願・調査・その他のご依頼を受けかねる場合があります。

その他、個人情報・秘密情報やセキュリティについては個人情報・秘密情報の取り扱いに、弁理士の守秘義務等についてはご利用規約に、当サイトの著作権等については著作権・リンクについてに掲載しています。

サポートの性質について

有償サポートのご依頼を受けた場合、弁理士は最初から出願の代理をしているのと同程度の内容で検討・調査等を行いますが、出願人と同等の法的立場で最後まで責任を持つ代理行為をするわけではなく、通常の弁理士の相談、調査、書類作成代行業務にあたるものです。

弁理士の代理業務について

個人事業の方、スタートアップの企業、経営的に困難な状況にある法人様などはともかくとして、ある程度の事業規模となりました際には、通常の弁理士へのご依頼をご検討ください。
有償サポート料金表をご覧いただければわかります通り、当サイトの有償サポートは一般的な弁理士費用よりも極端に安い一方で、当サイトの通常価格との比較では、「※商標登録費用全体に含む」とありますように、最初から最後まで出願の代理をする場合には、これらすべての項目が含まれており、実際にはそれほどの違いがあるわけでもありません。

その他、有償サポートや、通常の弁理士に対するご依頼については、通常のご依頼の手順・ご利用規約をご覧ください。
通常の弁理士に対するご依頼費用については、商標登録の費用をご覧ください。

月額30000円の定額サポート

  3万円の定額サポートは33%お得です。

毎月1日から月末までのサポートについて、月末日に定額請求書を発行いたします。

毎月3万円で、4万円(スポット契約の料金表)までのサポートを受けられます。

4万円を超えても、スポット契約の料金表に基づき、制限なくご利用できます。

4万円を超える部分については、定額に上乗せして月末に請求書を発行いたします。

定額コース変更は、増額、減額共に、お申し出により次回の請求書から反映されます。

月額50000円の定額サポート

  5万円の定額サポートは40%お得です。

毎月1日から月末までのサポートについて、月末日に定額請求書を発行いたします。

毎月5万円で、7万円(スポット契約の料金表)までのサポートを受けられます。

7万円を超えても、スポット契約の料金表に基づき、制限なくご利用できます。

7万円を超える部分については、定額に上乗せして月末に請求書を発行いたします。

定額コース変更は、増額、減額共に、お申し出により次回の請求書から反映されます。

Share: