商標登録.com > 拒絶理由 > 補足説明 > 商標法第3条第1項各号の判断時期

補足説明-拒絶理由

商標法第3条第1項各号の判断時期

拒絶査定不服の審判においては、商標法3条1項3号該当性は、審決時を基準として判断されるべきであるとされた事例東京高平成12年(行ケ)第24号

拒絶査定に対する不服の審判請求に対してなされた審決時を基準時として、その指定商品との関係において、当該商品の取引の実情を勘案して判断すべきであり、既登録例があることをもって認定判断を覆すことはできないとされた事例
東京高平成6年(行ケ)第35号

商標法3条1項3号の適用判断の基準時は、査定または審決の時と解するのが相当であるとされた事例東京高昭和45年(行ケ)第5号

商標法第4条第1項各号の判断時期

第4条第3項(第4条第1項各号の判断時期)

第一項第八号、第十号、第十五号、第十七号又は第十九号に該当する商標であっても商標登録出願の時に当該各号に該当しないものについては、これらの規定は、適用されません。

1.第4条第1項各号の判断時期について
(1) 第4条第1項第1号から第7号、第9号、第11号、第12号、第14号、第16号又は第18号に該当するか否かの判断時期は、査定時とする。
(2) 第4条第1項第8号、第10号、第15号、第17号又は第19号を適用するには、その商標登録出願が、出願時において各号の規定に該当し、かつ、査定時においても該当しなければならない。