商標登録.com > 商標登録 > 用語辞典(商標権) > 商標権

用語辞典(商標権) ≡ 記事一覧

商標権

商標権

商標権は、設定の登録により発生します。
登録査定の後に、登録料を納付して、登録原簿への登録が行われた時です。

商標権が発生すると、商標権者は、指定商品または指定役務について登録商標の使用をする権利を専有します。使用する独占権です。
また、他人に商標権の一部または全部を使用許諾することもできます。
独占的な使用権として登録された専用使用権が設定されたときは、使用許諾がされた範囲(地域、期間、指定商品などの範囲)では、専用使用権者がその登録商標の使用をする権利を専有します。

さらに、商標権には、同一商標のほか、類似商標について、指定商品または指定役務、さらにはこれらに類似する商品・役務について、他人が商標を使用することを禁止する効力があります。

商標権が侵害されると、差止請求権、損害賠償請求権などを行使することができます。

商標権は、更新登録申請をすることによって、10年ごとに更新することができます。希望すれば、半永久的な権利とすることも可能です。
更新登録をしたいときは、商標権は、存続期間満了時に消滅します。



弁理士補助プラン 商標調査と書類作成 / 弁理士補助プラン(総額15000円+消費税)

自社出願サポート 調査だけ、書類作成だけ、意見書だけ、必要な時の弁理士サポートプラン


pagebottom