商標登録.com > 商標登録 > 用語辞典(登録できない商標1) > 慣用商標

用語辞典(登録できない商標1) ≡ 記事一覧

慣用商標

慣用商標

慣用商標は、登録されません。
(商標法第3条第1項第2号)

たとえば、下記のように、その商品又は役務について慣用されている商標が該当します。

1.同種類の商品又は役務について同業者間において普通に使用されるに至った結果、自己の商品又は役務と他人の商品又は役務とを識別することができなくなった商標。
(例)「正宗」(清酒)
「羽二重餅」(餅菓子)
「オランダ船」の図形(カステラ)
「かきやま」(あられ)
「観光ホテル」(宿泊施設の提供)
「プレイガイド」(興行場の座席の手配)

「二号は、一般に慣用商標といわれているものである。旧法は本号に該当するものを二条一項六号に規定していた。しかし、慣用商標が登録されないのは、そのような商標は同種類の商品又は役務に関して同業者間に普通に使われるに至った結果、自他商品又は自他役務の識別力を失ったからだという理由によるものであるから、これはむしろ特別顕著性の問題であろうとの判断により本号に規定することとしたのである。旧法は慣用商標に類似する商標も画一的に登録しないことにしているけれども、慣用商標それ自体が自他商品又は自他役務の識別力がないからといって必ずしもその類似商標も同様であるとは限らないから、個々に判断して不登録とすべきものは六号で読むこととした。したがって、本号からは『類似』を削除してある。本号の例としては、商品『清酒』について『正宗』、役務『宿泊施設の提供』について『観光ホテル』等がある。」(工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第20版〕)



弁理士補助プラン 商標調査と書類作成 / 弁理士補助プラン(総額15000円+消費税)

自社出願サポート 調査だけ、書類作成だけ、意見書だけ、必要な時の弁理士サポートプラン


pagebottom