商標登録.com > 商標登録 > 用語辞典(商標権) > 存続期間

用語辞典(商標権) ≡ 記事一覧

存続期間

存続期間

商標権の存続期間は、商標権の設定登録の日から10年間です(商標法第19条第1項)。
登録料を5年ごとに分割納付する制度もありますが、権利期間は一律に10年です。

更新登録
商標権は、特許権・実用新案権・意匠権とは異なり、更新登録ができるため、更新を繰り返すことによって、半永久的に権利を保有することができます。
商標が他の権利と異なり、更新登録ができるのは、商標に付帯する信用を保護するという法目的によるものです。
商標権者が登録商標を継続して使用することは、商標に付帯する信用をますます高めることはあっても、ブランドの確立した権利が存続することは第三者にとっても弊害とはならず、かえって需要者によっても利益があると考えられるためです。

なお、不使用商標についてまで権利を存続させると、弊害が生じるため、10年ごとに更新登録申請を必要としています。

更新登録がされない場合には、商標権は、存続期間満了により消滅します。


弁理士補助プラン 商標調査と書類作成 / 弁理士補助プラン(総額15000円+消費税)

自社出願サポート 調査だけ、書類作成だけ、意見書だけ、必要な時の弁理士サポートプラン


pagebottom