商標登録.com > 商標登録 > 用語辞典(商標権) > 更新登録申請

用語辞典(商標権) ≡ 記事一覧

更新登録申請

更新登録申請

商標権は、更新登録ができるため、10年ごとに更新を繰り返すことによって、半永久的に権利を保有することができます。
商標法では、商標に付帯する信用を保護することを目的としているため、更新登録をすることによって、商標権者が登録商標を継続して使用することを保護し、取引秩序を維持し、信用が付帯した商標を信用する需要者の利益が守られます。

商標権の存続期間の更新は、不使用商標についてまで権利を存続させると、弊害が生じるため、10年ごとに更新登録申請をしなければなりません(商標法第20条)。

更新登録申請
存続期間の更新登録の申請をするときは、商標権者は、
1 申請人の氏名又は名称及び住所又は居所
2 商標登録の登録番号
3 その他、経済産業省令で定める事項
を記載した申請書を特許庁長官に提出しなければなりません。

更新登録の申請は、商標権の存続期間の満了前6月から満了の日までの間にしなければなりません。
ただし、上記期間内に更新登録の申請をすることができないときは、その期間の経過後6月以内にその申請をすることができます。

更新登録の申請と同時に納付すべき登録料の納付があったときは、商標権の存続期間更新の登録がされます。
更新登録の申請をすることができる期間内に、その申請をしないときは、その商標権は、存続期間の満了の時にさかのぼって消滅したものとみなされます。



弁理士補助プラン 商標調査と書類作成 / 弁理士補助プラン(総額15000円+消費税)

自社出願サポート 調査だけ、書類作成だけ、意見書だけ、必要な時の弁理士サポートプラン


pagebottom