商標登録.com > 商標登録 > 用語辞典(登録異議申立) > 職権審理

用語辞典(登録異議申立) ≡ 記事一覧

職権審理

職権審理

登録異議の申立てについての審理は、審判官による職権審理により行われます。
異議申立は、特許庁が行った登録査定という行政処分について、処分を下した行政庁自身が再度その適法性を審理するものだからです。

職権審理とは、商標権者、登録異議申立人又は参加人が申し立てない理由についても、審理することができるというものです。
ただし、登録異議の申立てについての審理においては、登録異議の申立てがされていない指定商品・指定役務については、審理することができません。



弁理士補助プラン 商標調査と書類作成 / 弁理士補助プラン(総額15000円+消費税)

自社出願サポート 調査だけ、書類作成だけ、意見書だけ、必要な時の弁理士サポートプラン


pagebottom