商標登録.com > 商標登録 > 用語辞典(商標調査について) > 称呼

用語辞典(商標調査について) ≡ 記事一覧

称呼

称呼(しょうこ)

称呼(しょうこ)とは、商標の読み方のことです。商標の称呼は、審査において、他の商標と類似するかどうかを判断するために用いられます。
また、商標調査の時に、検索をするために用いられます。

特許庁のデータベース・J-Plat-Patで商標検索をすると、称呼が記載されています。これは検索ができるように割り振られたキーワードのようなもので、特許庁が付与します。
なお、何通りも読み方が考えられる場合などには、複数の称呼があるときもあります。

また、称呼は、商標の外観(見た目)、観念(意味合い)と並んで、商標同士が類似するものかどうかを判断する重要な判断材料となります。
したがって、称呼が同一である場合はもちろんのこと、称呼が類似するかどうかについても、商標権侵害かどうかの判断や、他人の商標登録を取り消しあるいは無効にする審判手続においても、判断のポイントとなる場合が多くあります。



弁理士補助プラン 商標調査と書類作成 / 弁理士補助プラン(総額15000円+消費税)

自社出願サポート 調査だけ、書類作成だけ、意見書だけ、必要な時の弁理士サポートプラン


pagebottom