商標登録.com > Q&A・サポート > 商標制度Q&A > 登録商標とは何ですか、商標登録とは違いますか?

商標制度Q&A-商標登録.com(TM)


無料相談、無料検索トライアル


登録商標とは何ですか、商標登録とは違いますか?

登録商標(register trademark)は、既に登録された商標のことであり、商標を登録することを意味する商標登録(trademark registration)とは異なります

登録商標とは、商標登録を受けている商標のことをいいます(商標法第2条第2項)。

登録査定から30日以内に登録料の納付をすることにより、特許庁にて商標登録原簿に登録され、商標権の設定の登録がされます。
その後商標公報に掲載され、公報掲載から2か月の間、異議申立ての対象となります。

登録された商標の権利が商標権

登録商標の権利は「商標権」であり、 商標権者は、指定商品または指定役務について、登録商標を使用する権利を専有します(商標法第25条)。

さらに、上記専用権とは別に、 指定商品または指定役務について登録商標に類似する商標を使用すること、指定商品または指定役務に類似する商品について、登録商標または登録商標に類似する商標を使用することを禁止するでき、禁止権といわれます(商標法第37条)。

第三者による許諾なき商標の使用行為は、専用権の範囲では商標権侵害となり、禁止権の範囲では商標権侵害とみなされます。

商品と役務(サービス)との間で類似となることも

商品と役務との間でも、相互に類似する場合があります(商標法第2条第6項)。

「本項は、商品に類似するものの範囲には役務が含まれることがあるものとし、役務に類似するものの範囲には商品が含まれることがあるものとすることにより、商品と役務との間においても互いに類似することがある旨を入念的に表した解釈規定である。現行法においては、改正前から同一又は類似の商標を使用した場合、同一の出所によるものと出所の混同を生ずるおそれのある商品の関係を「類似」としてきたところであるが、役務に係る商標と商品に係る商標についても、著名等の特別の事情がない場合でも、一定の関係にある役務と商品について同一又は類似の商標を使用した場合、同一の出所によるものと出所の混同が生ずるおそれのあることは否定できないものと考えられる。出所の混同を生ずるおそれのある商標をともに商標登録することは、制度の目的にも反しかねない。したがって、商取引の経験則上一般的に同一の出所によるものと出所の混同を生ずるおそれのある役務と商品についても『類似』関係を認めたものである。」(「工業所有権法(産業財産権法)逐条解説」〔第20版〕)。

類似商品・役務審査基準では、類似関係にあるとされる商品と役務との関係でも、特許庁での審査では、類似関係を見ないでそれぞれ登録される場合があることにも注意が必要です。
たとえば第9類の電子計算機用プログラムと第42類の電子計算機用プログラムの提供などです。
これらは類似商品・役務審査基準の備考に記載されるので、「備考類似」といわれるものです。


関連ページ:

もっと詳しく 登録商標にはどのような効力がありますか?(Q&A・サポート)

無料相談、無料検索トライアル


関連ページ:

もっと詳しく 商標制度Q&A

shohyo-toroku.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録.com All Rights Reserved