"> 他人の権利に抵触するケースも-自分で商標登録-自社出願サポートサイト:商標登録.com(TM)
商標登録.com > 自分で商標登録-自社出願サポートサイト > ご注意事項 > 他人の権利に抵触するケースも

ご注意事項 ≡ 記事一覧

他人の権利に抵触するケースも

既に使いはじめていた商標が、実は知らないうちに他人の商標権に抵触することが判明してしまったりした場合には、商標を変更しなければならないかもしれません。
あるいは、準備した商品、看板や印刷物の廃棄、金銭的解決を迫られるなどの大きなリスクが考えられます。

「商標権者又は専用使用権者は、自己の商標権又は専用使用権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。」(商標法第36条第1項)、
「侵害の行為を組成した物の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することができる。」(商標法第36条第2項)、
「次に掲げる行為は、当該商標権又は専用使用権を侵害するものとみなす。」(商標法第37条)、
「商標権者又は専用使用権者が故意又は過失により自己の商標権又は専用使用権を侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の賠償を請求する場合において、その者がその侵害の行為により利益を受けているときは、その利益の額は、商標権者又は専用使用権者が受けた損害の額と推定する。」(商標法第38条第2項)、
等々、リスクの大きさを考慮すべきです。
節約するところを間違えないでほしいと思います。

もちろん、仮にこのような状況が判明した場合でも、話し合いでできる限り穏便に解決しようとするケースの方が、一般的には多いものです。
私であれば、税務申告、行政の許認可や会社設立ならもしかしたら自分でやるかもしれません。しかし、知的財産権の調査・出願(使用予定がだいぶ先であるものを除く)と、不動産登記申請(所有権移転等)は、自分でやるものではないと思います。

Share: twitter facebook


pagebottom