商標登録.com > トピックス > 自分で商標登録 > リスクを見逃していませんか

自分で商標登録-トピックス

リスクを見逃していませんか

自分で商標調査、商標登録を試みた結果、拒絶理由通知が来てどうしていいのかわからない、結局は自分で登録できなかった、このため問題が生じている、というお問い合わせを数多く受けました。

それは、拒絶理由が来た時点ではなく、最初から、つまり調査や出願をした時点から、見込みがなかったからです。最初の出願の段階でご相談を受けていれば、登録できないから出願しない、あるいは別の商標にうまく変更したうえで出願をする、ということにしていただろうと思われるケースです。

それどころか、ご相談を受けて、拒絶理由の内容と、他人の類似商標の調査をしてみると、他人の商標権を侵害するおそれのある状態であることが判明することもあります。実は他人の権利に抵触し、商標権侵害と言われかねない事例であることも、結構多くあります。

そこで、自分で商標登録しようとする場合の注意点、想定されるリスクなどをご説明したうえで、自分で商標登録するか、弁理士に依頼するかの判断ポイントについて述べたいと思います。