商標登録.com > トピックス > ECサイトの商標規約 > google AdWords広告の商標規約

ECサイトの商標規約-トピックス

google AdWords広告の商標規約

googleの検索結果ページ等に表示されるAdWords広告の商標に関する規約については、下記に掲載されています。

商標について
「商標に対する Google のアプローチ
検索ネットワークの AdWords テキスト広告での商標の使用について商標権所有者様から Google に申し立てがあると、Google ではそれについて調査を行い、商標の使用について一定の制限を課す場合があります。
AdWords 広告で商標を使用できるかどうかは、さまざまな要素によって決まりますが、ポリシーが適用されるのは、ポリシー センターの記載内容に該当する場合、および商標権所有者様が Google に対して有効な申し立てを行われた場合のみです。

ここで解説しているポリシーは、検索ネットワークの AdWords テキスト広告における商標使用にのみ適用されます。ただし、商標権所有者様からの申し立てに応じて、Google ネットワーク上の他のフォーマットの広告を削除する場合もあります。」

「広告文における商標
Google は、申し立て内容を確認したうえで広告文での商標の使用を制限することがあり、制限のある商標を広告文に使用している AdWords 広告は、掲載を許可されない場合があります。このポリシーは国や地域を問わず適用されます。」

したがって、このポリシーに準拠していないケースについては、商標権者の申立てによって、一定の排除がなされます。
一方、準拠しているケースについては、googleの規約でも商標の適正使用と認められるため、排除ができません。

「広告がこのポリシーに準拠しているケース:

再販業者:
•広告のランディング ページが、問題の商標に関連する商品またはサービスの販売を主旨としている(または明確に販売を促進している)。
または
広告のランディング ページが、問題の商標に関連する商品またはサービスの構成要素、交換用パーツ、あるいは互換性のある商品またはサービスの販売を主旨としている(または明確に販売を促進している)。
•商品やサービスが広告のランディング ページの主なテーマになっている必要があります。ランディング ページでは、商品やサービスの購入方法を明確に示すか、商品やサービスに関する商用情報(料金レート、価格、見積もりなど)を表示する必要があります。

情報サイト:

•広告のランディング ページの主な目的が、問題の商標に対応する商品やサービスに関する情報提供である。」

申立てによって排除できるのは、下記の場合です。

「広告がこのポリシーに準拠していないケース

•広告のランディング ページが、(i)問題の商標に関連する商品またはサービス、または(ii)問題の商標に関連する商品またはサービスの構成要素、交換用パーツ、あるいは互換性のある商品ないしサービスの、いずれの販売をも主旨としておらず、明確に販売を促進してもいない。
•広告が問題の商標に競争的な意図で言及している。
•広告のランディング ページが、問題の商標に対応する商品またはサービスについて実質的な情報を提供していない。
•広告のランディング ページが、重要なユーザー情報を提供しない限り商用情報を参照できない仕組みになっている。
•広告主が再販業者か情報サイトかが不明な広告。」

使用許諾

「使用許諾を得た広告主様は、広告文内で商標を使用できます。これは、専用のフォームによって、商標権所有者様から商標の使用を許可する広告主様のアカウントを Google にご連絡いただいた場合に可能となります。

使用許諾に関するポリシー
商標権所有者様(または商標権侵害の申し立てに記載された連絡先の方)は、AdWords アカウントを指定して広告での商標使用を許諾することができます。使用許諾については、次のポイントをご確認ください。

使用許諾が必要な方
既に申し立てのあった商標を AdWords の広告主様が制限なしで使用するには、使用許諾を受ける必要があります。商標権所有者様ご自身、正式なアフィリエイトやパートナー、支店、フランチャイズ、子会社などであっても、使用許諾が必要です。商標権所有者様による広告主様への使用許諾付与は、商標権侵害の申し立てフォームに記入する際、または専用の使用許諾フォームを使って申し立て受理後に行います。

使用許諾は個別の AdWords アカウントに与えられるため、商標権所有者様は商標利用を許可する AdWords アカウントのお客様 ID をすべて提出する必要があります。クライアント センター(MCC)アカウントに使用許諾を付与すると、現在と今後のすべての子アカウントにまで自動的に使用許諾が付与されます。

手続き
広告主様: 商標権所有者様に直接連絡し、専用フォームを使用してアカウントに使用許諾を付与してもらいます。Google が代わりに使用許諾を手配することはできません。誰に連絡するべきかわからない場合、こちらのフォームで [いいえ] を選択して、商標権所有者でないことを表明してください。

商標権所有者様: アカウントに対して使用許諾の付与を行うには、こちらの使用許諾フォームをご利用ください。
•商標の使用許諾を行うことができるのは、商標権所有者様(または商標権侵害の申し立てに記載された連絡先の方)のみです。商標権所有者様の支社や子会社による使用許諾は、事前に商標権所有者様によって正式な代理人に指定されている場合を除いて、受け付けられません。
•有効期限や制限事項などの条件を設けた使用許諾は受け付けられません。
•商標権所有者様は、ads-trademarks@google.com にメールで連絡することによって、いつでも使用許諾を取り消すことができます。」

商標の使用が認められる場合

「次のいずれかの条件に該当する場合、広告文で商標用語を使用することができます。
•広告文で商標に言及するのではなく、通常の意味で記述的にその用語を使用している場合。
•広告で商標用語に対応する商品やサービスに言及していない場合。」

「キーワードとしての商標の使用
Google は、商標権侵害の申し立てを受けた場合でも、キーワードとしての商標の使用を調査または制限することはありません。」

商標権侵害の申し立てフォーム
https://services.google.com/inquiry/aw_tmcomplaint?hl=ja

商標使用許諾リクエスト
https://services.google.com/inquiry/aw_tmauth

商標に関するヘルプ(広告主様向け)
https://support.google.com/adwordspolicy/answer/2562645

Google AdWords の商標に関するトラブルシューティング
https://support.google.com/adwordspolicy/troubleshooter/6123119