商標登録.com > 商標登録事務所通信 > 商標あれこれ > 「白い恋人」の商標権侵害訴訟で和解した両社がコラボ

商標あれこれ ≡ 記事一覧

「白い恋人」の商標権侵害訴訟で和解した両社がコラボ -2019年09月12日

「白い恋人」といえば、北海道土産の著名な菓子として知られています。札幌市の石屋製菓が製造販売しているものです。

吉本興業(大阪市)が2011年に発売した菓子「面白い恋人」を巡って、その販売差し止めや損害賠償を請求し石屋製菓が提起した訴訟は、2013年に札幌地裁で和解が成立しています。

それから8年。
なんと、石屋製菓と吉本興業が、両社のコラボレーションによる菓子「Laugh&Sweets ゆきどけ」を発売すると発表しました。
大阪・大丸心斎橋店の「イシヤ心斎橋」のみ限定で販売されるということです。

和解直後に、吉本興業側から「コラボ商品を出しませんか」と提案され、その商魂に驚いたという石屋製菓ですが、今度は、大阪に直営店の出すことになった石屋製菓の方から持ちかけたというから、こちらも商売上手です。
直営店開店の宣伝にはなりますし、いろいろ批判的な評判・報道もあった吉本興業のイメージ回復にも役立ちますし、和解をイメージさせるとともに北海道の菓子であることもアピールする「ゆきどけ」という絶妙なネーミング。

「白い恋人」が著名商標になるまでのブランド保護

「白い恋人」と、「面白い恋人」とでは、一番目立つ最初の語が異なることや、色彩を示す「白い」と、愉快であることを示す「面白い」とで意味合いもまったく異なるなど、本当に類似商標であるのか、商標権侵害になるのかといった疑問や異論もあろうかと思います。

和解では、吉本興業が「面白い恋人」のパッケージ図柄を変更し、関西6府県に販売地域を限定するなどの条件で折りあったことが、当事者により明らかにされています。

実は、「面白い恋人」の方も商標登録出願をしていましたが、商標法第4条第1項第7号(公序良俗違反)に該当することを理由として拒絶されました。
これには、「白い恋人」が既に著名商標であったこと、その信用にただ乗りして取引秩序を乱すという判断があったものと思われます。

石屋製菓では、「白い恋人」について、第30類の菓子はもちろん、それ以外の区分の商品等についても、多数の商標登録をしており、ブランド保護に努めてきたことがわかります。

第30類の菓子を含む登録だけでも、下記の12件の登録が検索されました。
これらの出願日、登録日とあわせて見ると、ロゴの変遷、パッケージや包装の変遷と保護、テーマパークの開設など、ブランディング活動の手を緩めることなく、著名商標を作り上げ、守り続けていることがわかります。

2019091201.png
登録番号 : 第1435156号
登録日 : 昭和55(1980)年 9月 29日
出願日 : 昭和51(1976)年 12月 3日


2019091202.png
登録番号 : 第1656297号
登録日 : 昭和59(1984)年 2月 23日
出願日 : 昭和53(1978)年 5月 12日


2019091203.png
登録番号 : 第1656298号
登録日 : 昭和59(1984)年 2月 23日
出願日 : 昭和53(1978)年 5月 18日


2019091204.png
登録番号 : 第1709421号
登録日 : 昭和59(1984)年 8月 28日
出願日 : 昭和56(1981)年 11月 17日


2019091205.png
登録番号 : 第3227313号
登録日 : 平成8(1996)年 11月 29日
出願日 : 平成6(1994)年 3月 22日


2019091206.png
登録番号 : 第4767289号
登録日 : 平成16(2004)年 4月 23日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 4日


2019091207.png
登録番号 : 第4767290号
登録日 : 平成16(2004)年 4月 23日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 4日


2019091208.png
登録番号 : 第4778317号
登録日 : 平成16(2004)年 6月 11日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 2日


2019091209.png
登録番号 : 第4782150号
登録日 : 平成16(2004)年 6月 25日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 2日


2019091210.png
登録番号 : 第5406257号
登録日 : 平成23(2011)年 4月 15日
出願日 : 平成21(2009)年 11月 26日


2019091211.png
登録番号 : 第5406258号
登録日 : 平成23(2011)年 4月 15日
出願日 : 平成21(2009)年 11月 26日


2019091212.png
登録番号 : 第6162138号
登録日 : 令和1(2019)年 7月 12日
出願番号 : 商願2018-98680

「黒い恋人」、「黄色い恋人」は他者によって登録されていた

ところで、「白い恋人」と「面白い恋人」とでは、色彩を示す「白い」と、愉快であることを示す「面白い」とで意味合いもまったく異なるなど、本当に類似商標なのかという疑問を、感じないわけではありません。

一方で、同じ色彩を示す言葉を組み合わせた下記のような商標が、第30類の菓子について登録されています。
「白い恋人」とは類似しないと判断されたことになりますが、そもそも色が違うので意味合い(観念)が異なることと、読み方(称呼)が類似しないということが大きくは判断の理由だろうと思います。

下記の商標3件については、それ以上詳しくは調べていませんので、こんな登録がされていたという事例です。

2019091213.png
登録番号 : 第4514509号
登録日 : 平成13(2001)年 10月 19日
出願日 : 平成12(2000)年 12月 25日
権利者 : あさひかわ農業協同組合


2019091214.png
登録番号 : 第5443568号
登録日 : 平成23(2011)年 10月 7日
出願日 : 平成23(2011)年 4月 5日
権利者 : あさひかわ農業協同組合


2019091215.png
登録番号 : 第5768641号
登録日 : 平成27(2015)年 6月 5日
出願日 : 平成27(2015)年 1月 6日
権利者 : (長野県の民間企業)

Share: twitter facebook


pagebottom