商標登録.com(TM)

商標登録.com(TM)

商標登録出願は、商品名やサービス名、ブランド名、会社名やサイト名などのネーミング、ロゴ、キャラクターなどを特許庁に登録し、独占権を得るための手続です。登録されたネーミングやロゴは強い権利で保護されるため、類似商標の登録や模倣使用を防ぎます。当サイトでは、無料相談・お見積、助言など、気軽に相談できる事務所として、多数の出願や調査の実績をもとに、全国各地からのご依頼をいただいております。

金原商標登録事務所  代表・弁理士 金原正道 | 事務所概要 | 初めての方へ

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937  benrishi@kanehara.com


総合案内

商標登録.com(TM) > 商標登録お見積 | 商標調査お見積 | 更新登録お見積 | 初めての方へ | ご利用案内・規約 | 商標登録の費用 | 無料相談・無料検索トライアル | 商標の国際登録とは | 弁理士補助プラン | 拒絶理由対応プラン | 事務所概要 | 事務所地図 | 参考文献 / 関連資料 | 


無料相談、無料検索トライアル


商標登録とは?

商標登録出願は、商標を保護するために、商標法に基づき、特許庁に対してネーミングやロゴ、キャラクターなどの登録をする手続です。

商標とは、ネーミングやロゴなどの識別標識として、事業で使用するでものであり、その商標に付帯する信用、信頼を保護するのが商標登録の制度です。取引の場における信用秩序の維持により、産業の発達に寄与するとともに、需要者の利益を守ります。

商標には、商品の名称やブランド名などをあらわす商品商標(trademark)と、サービスの名称やブランド名などに使用する役務商標(servicemark)とがあります。

商品商標 商品の名前とロゴ


 登録第5663622号 | 登録第1446773号
役務えきむ商標 役務の名前とロゴ
 登録第3451915号 | 登録第5499070号

商品名だけではなく、ブランド名、ウェブサイト名、企業の名称(商号)や、個人事業の屋号、ロゴ、キャラクターなども、商品または役務について使用するものであれば、登録をすることにより保護されます。

近年、知的財産の保護の必要性が高まり、国際的な調和を図るため、音商標、ホログラム商標、位置商標、色彩のみの商標などの新しいタイプの商標も保護対象となりました。

商標権とその効力-登録するメリットは?

商標権は独占的な権利であるため、登録すると、同一の商標はもちろん、類似の商標、類似業種に対しても、使用を禁止する強い効力があります。
もしも、あらゆる商標に権利を与えてしまっては、経済活動が混乱します。

そこで登録されるためにはさまざまな要件があり、商標登録出願は特許庁の審査官により審査されます。審査には半年間以上、ときには一年もの期間がかかります。

審査を通ったものだけが登録となり、登録料を納付することにより、商標権が発生します。
もちろん、登録が認められずに拒絶になるものもあります。

商標権を取得すると、その指定商品または指定役務について、商標の使用をする権利を独占的に保有することになります。
同一の商標はもちろん、類似の商標の使用を禁止することができます。
他人が実施するのを差し止めたり、損害賠償請求をしたり、他人に使用権を許諾したりすることができます。

商標登録をするには-特許庁への手続の方法

商標登録により保護される「商標」とは、「人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの(標章)であって、業として商品を生産したり、役務を提供したりするものが、その商品又は役務について使用するもの」です。

わかりやすくいえば、立体商標などの特殊な商標以外では、ブランド名や商品名、サービス名称などのネーミング、これらのロゴなどの図形であって、業務について使用するものが商標です。

登録を受けたい場合には、商標登録願に、権利を取得したい指定商品・指定役務や、出願人を記載し、商標を特定して、特許庁に出願することが必要です。

商標登録をするためには、まずは次のことをある程度決めておかなければなりません。ご相談の際には、簡単なヒアリングをさせていただいております。

もっと詳しく 登録に必要なものご相談・ご依頼の際にお知らせください(ご依頼・ご相談の際の検討事項)


(1)どのような商標を登録したいか、登録するべきか。あるいは調査するか。文字商標かロゴ商標か、それとも?

(2)どのような分野(商品、サービス)で使用する商標か。あるいはどの範囲まで調査するべきか。


次に、これらをおおまかにでも決めたら、誰に名義で出願するかを決める必要があります。
個人で登録するか、会社で登録するか。2名以上での共同出願ということもあります。

さらに、登録できそうかどうか、調査をしなければなりません。商標調査を怠ることは厳禁です。
調査をしたり、出願書類の作成したりする段階になれば、具体的にどの行うの分類を選択するかを決めなければなりません。

もっと詳しく 商標登録する

商標登録の区分とは?-誤った選択や記載方法で拒絶を招かないために

商標検索や、出願書類の作成にあたっては、商標を使用する商品やサービスなどの業務ごとに分類された45の区分の中から、一つ以上の区分を指定します。さらにその区分の中から、商品や役務を選択して指定します。
第1類から第34類までが商品区分、第35類~第45類までが役務区分です。毎年のように改訂がありますので、最新の分類表に基づく下記の区分をご参照ください。

もっと詳しく 区分/指定商品・指定役務 2019-2020年版


指定商品・指定役務の記載方法は、商標の個別案件ごとに検討していきます。これらの選択については、弁理士にご相談、ご依頼いただくことにより、様々な観点から助言いたします。
したがって、どのような業務について使用する商標であるかをお伝えいただければ、適切な判断をいたしますので、ご自分で詳しく調べる必要まではありません。

各種の拒絶理由、商標審査基準、類似商品・役務審査基準、過去の登録採用例等を勘案のうえ、弁理士が判断いたします。

商標の検索調査をするには?

拒絶理由を事前に想定しつつ、出願前に各種の検索による商標調査をすることが重要です。
文字商標の類似を調べる称呼検索や、図形商標の類似検索、その商標が広く一般的に使われる言葉でないかどうかの識別力調査、その他の各種の検索を行い、判断を行います。

もっと詳しく 商標調査(2019年最新版J-Plat Patに準拠) | さまざまな調査方法について、最新の検索画面を掲載してご説明しています。

もっと詳しく 検索してみる(BLOG-商標登録事務所通信) | 実際に検索してみたおもしろい事例について、実際の検索画面を掲載してご説明しています。

登録できない商標は-商標の拒絶理由

商品等の普通名称や、商品の産地、品質、役務の内容、質、用途などを普通にあらわした商標や、きわめて簡単かつありふれた商標など、需要者が特定の出所から供されている商品や役務であると識別できない商標は、登録されません。

もっと詳しく 特許庁での審査(特許庁での審査と拒絶理由の概要)

出願日の早いものが優先されますので、「先願であること」(同一・類似の登録商標が存在しないこと)等も必要です。類似商標かどうかの判断が重要です。

輪の図形どうしは類似する


犬の図形どうしが類似する
松竹梅酒造と松竹梅とは類似する

さらに、国の紋章や、所定の国際機関の標章と同一又は類似の商標、許可なく他人の氏名等を含む商標、他人の周知商標と同一又は類似であったり、他人の商品等と混同を生ずるおそれがあったり、商品の品質誤認を生ずるおそれがある商標なども、登録されません。

もっと詳しく 商標の拒絶理由(拒絶理由と意見書・対応方法・審決例)

拒絶理由対応プラン

商標登録までにかかる期間・手続のために指定される期間

特許庁に出願するまでの作業手順として、登録可能性の検討、類似商標検索、書類作成などの当事務所での作業には、平均して数日程度の期間がかかります。

商標登録の期間は、おおむね出願から5~6か月程度です。審査状況により一年前後かかることがあります。審査の途中で、拒絶理由通知への応答期間や、手続補正の指定期間など、決められた期間内にしなければならない手続が生じることもあります。

特にお急ぎの場合には、特別に対応いたしますのでご相談ください。早期審査請求の制度など、一定の要件を満たした出願を早期に権利化する手続があります。

もっと詳しく 商標登録の期間(手続の期間、登録までの期間)

特許庁での審査が終了すると、最終的に登録査定、または拒絶査定になります。
拒絶査定に対しては、さらに不服を申し立てる手続があります。
さらに、他人の登録の取消を請求する手続や、登録を阻止する権利、その他契約や侵害にまつわるさまざまな手続があり、ご相談に対応しております。

登録になった商標権の管理は、当事務所のデータベースで行い、更新登録の期限管理や、登録後のご相談をいつでも受け付けております。

商標の更新登録をするには?

商標権は、特許など他の権利とは異なり、権利の存続期間は10年間です。
更新登録の申請をすることにより、10年ごとに、希望すれば半永久的に所有することができます。長年適正に使用すれば、それだけ商標に付帯する信用が増大するからです。
なお、更新登録料は、5年ごとに分割納付することもできますが、費用は割増になりますのでご注意ください。

もっと詳しく 商標権の更新登録(存続期間)

事例紹介・参考情報

登録事例 | 全国の都道府県別の地域ブランドや、ロゴ、キャラクター、各種制度の商標の活用事例を紹介しています。

商標登録用語辞典 | 商標に関する用語辞典。

よくお寄せいただくご質問-Q&Aに弁理士がお答えします

閲覧数の多いQ&A

称呼とは何ですか、出願時に記載する必要がありますか?
出願後に、指定商品・指定役務を追加したいのですが?
商標を少し変えたので、出願している商標を直したいのですが?
商標登録を誰に相談・依頼したらよいですか?

毎年、十数万件の商標登録出願がある内、4~5万件程度の拒絶理由通知があり、弁理士が代理していない出願では過半数に拒絶理由通知が来ていると想定されます。出願した後になって、不備や不明点が生じているのか、そのようなQ&Aに閲覧が多くあります。


Q&A一覧

当サイトによくお寄せいただくご質問と、弁理士による回答を掲載しております。

ご依頼の前にQ&A:
見積がほしいのですが、どうすればよいですか?
商標登録を誰に相談・依頼したらよいですか?
無料相談にはのってもらえますか?

お支払いについてQ&A:
クレジットカードや分割払いは利用できますか?
費用の支払いはいつのタイミングになりますか?

弁理士の広告についてQ&A:
商標の出願書類作成にAIを活用という話は、どうなのでしょうか?
商標登録費用の「返金保証」はありますか?
商標に5年登録というものはありますか?
インターネットで弁理士を探していますが、注意点はありますか?

商標の基本Q&A:
海外での商標登録はできますか?
®マークとは何ですか?
TMマークとは何ですか?
商標を考えたらまず何をするべきですか?
商標とは、ネーミングのことですか、それともマークのことですか?
商標は必ず登録しなければならないのですか?
どういう人が商標権者になれますか?
商標は使用しないけれど他社に売ったりライセンス契約をしたりしたいのですが?
会社名なども商標登録するべきですか?
インターネットのドメイン名なども商標登録するべきですか?

商標調査Q&A:
商標調査をするには何が必要ですか?
調査は自分でしたので、省略してもらってもいいですか?
登録可能性が低い場合にはあきらめなければいけませんか?
商標調査はなぜするのですか?
称呼とは何ですか、出願時に記載する必要がありますか?
公募キャラクターの候補作が商標権・著作権侵害でないか調査できますか?
同じようなロゴマークがないかどうか、調べたいのですが?
商標調査で、すべての商標が調べられるのですか?
類似商標の調査をすれば確実に登録されますか?

手続についてQ&A:
出願後に、指定商品・指定役務を追加したいのですが?
商標を少し変えたので、出願している商標を直したいのですが?
区分とは何のことですか?
指定商品・指定役務えきむとは何ですか?
日本語とアルファベットの、両方の商標を登録しなければいけませんか?
文字商標と、ロゴマークの商標と、どちらで出願する方がいいですか?
商標登録出願の手続には何が必要ですか?
カラーと白黒のどちらの商標で登録するのがいいですか?
商標登録にはどのくらいの期間がかかりますか?

商標の審査Q&A:
指定商品・役務が類似するかどうかは、どのように判断されるのですか?
商標が類似するかどうかは、どのように審査されるのですか?
商標登録出願の審査は誰が行うのですか?
先を越されて、他人に商標を出願されてしまい、こちらは出願しても無駄になってしまうのでしょうか?

小売等役務のQ&A:
小売等役務商標制度ではどのような商標が保護されるのですか?
小売等役務商標制度のメリットは何ですか?
小売等役務商標制度ではどのような商標が保護されるのですか?

商標権についてQ&A:
商標の権利は全国一律のものですか?
これまで商標登録をしないでいて問題もなかったのですが、調べてみたら他人に登録されていて、どうしたらいいでしょうか?
商標権はいつから発生するのですか?
登録商標にはどのような効力がありますか?

自分で手続Q&A:
自分で出願をしたら、拒絶理由通知が来てしまいました。対応してもらえますか?
自分で商標登録をする相談にはのってもらえますか?
商標登録は、自分で手続をすることができますか?

権利侵害をされたQ&A:
商標権の侵害をやめさせたいのですが?

権利侵害といわれたQ&A:
普通に使われている言葉だと思っていたのに、他社から商標登録しているので商標権侵害だといわれましたが?

無効・取消請求されたQ&A:
不使用取消審判を請求されたときは?

他人の権利取り消しQ&A:
商標が3年以上使用されていないときは
商標登録されて2月以内のときは

よくいただく多数のご質問について、すべて弁理士がわかりやすくお答えしています。

商標登録の費用

特許庁に支払う費用と、弁理士手数料があります。

事前に必ずかかる費用と、かかる可能性がある費用を明示した見積をいたします。ご相談やお見積は無料です。

もっと詳しく 商標登録の費用(弁理士手数料・特許印紙代)

もっと詳しく 費用お見積・割引・支払方法

お支払いは、請求書発行後の振込のほか、クレジットカード決済に対応しております。
ご依頼件数や出願人の状況、経済状況、仕事の混雑状況などに応じ、割引についてはご相談ください。

弁理士が検討のうえ、折り返しお見積や出願手続きのご説明を返信いたしますので、お見積をご確認いただいてから、その後に正式に依頼内容をご検討いただくことが可能です。
弁理士法により守秘義務・公正誠実義務がありますので、ご安心ください。

BLOG-商標登録事務所通信

弁理士が随時更新しています。

当サイトのリニューアル
商標法施行規則、類似商品・役務審査基準の改正と、第29類・第30類の菓子についての注意点
地域ブランドの事例に学ぶ商標マーケティング
「類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2020版対応〕について
商標審査基準(店舗の外観・内装)の改訂

blog

shohyo-toroku.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要 金原商標登録事務所

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク
Since 2004.3.3

Copyright 商標登録.com All Right Reserved