商標登録.com > 商標調査 > 識別力調査

識別力調査 ≡ 記事一覧

お問い合わせ

識別力(商標法第3条第1項各号)調査

商標調査は、類似商標検索などの、特許庁(特許情報プラットフォーム)での調査だけでは不十分です。単に、類似商標の称呼検索をして終わり、ということではありません。

識別力とは
単なる品質表示、原材料表示、産地表示、販売地表示、地名表示効能表示、用途表示、その他の特徴のみからなる表示などの記述的な商標ではないかどうか。
商標の識別力(他の商標と区別できること)の有無などを、検討・調査しなければなりません。
商標法第3条第1項各号に該当するものは、登録が認められないからです。

インターネット検索
このため、インターネット検索での調査を行います。
・インターネット検索では、識別力の有無を調べたい言葉が、どのくらいの件数、使用されているか
・一般的に使用される言葉として使われているか、それとも特定の出所を示す商標として使われているか
・インターネット上の各種の辞書、用語辞典などでどのように使用されているか
・使用されている状況が、ある特定の出所を示す商標として、周知・著名の域に達していそうか
などの判断に用いることができます。

主要な辞書・用語辞典等の調査
「広辞苑」(岩波書店)、「大辞林」(三省堂)、 「現代用語の基礎知識」(自由国民社)などを活用しての調査を行います。
これらに掲載されているかどうか、どのような内容で掲載されているかは、時に審決、判決などでも用いられるものです。
昨年までは識別力があるとして登録されたのに、今では識別力がないとして登録されないということもありえます。

指定商品・指定役務との関係でいえば、その業界専門の用語辞典などの調査が必要になるケースも多々あります。
植物や魚介類の名称など、地方によって異なる名称、方言があり、これらが識別力のない言葉とされることもあります。一例として、東北地方における山菜の地方名(方言)に識別力がないとされた事例などがあります。

登録例・審決例・判決例の検索・調査
さらに、特許庁での登録例、各種の審決、判決などの調査により判断する等の作業が必要なケースも多々あります。
類似ケースでの過去の拒絶査定不服審判や無効審判等の審決例、さらに審決取消訴訟等の判決例なども、必要な場合には検索・調査いたします。


■このページの著者:金原 正道(弁理士・金原商標登録事務所代表)

Share:


pagebottom