商標登録.com > 拒絶理由 > ありふれた氏・名称

ありふれた氏・名称-拒絶理由

ありふれた氏又は名称のみからなる商標

商標法第3条第1項第4号
ありふれた氏又は名称のみからなる商標は、登録されません。

「工業所有権法(産業財産権法)逐条解説」〔第20版〕では、
「四号は、ありふれた氏又は名称を普通の態様で表示する標章のみからなる商標である。どの程度のものがありふれた氏又は名称かは個別に判断される。『名称』は商号を含む概念である(商法一一条、会社法六条参照)。本号も一号と同様に特殊な態様で表示した場合や商標の一部として含む場合はその適用を免れる。伊藤、斎藤、田中、山田、鈴木等の氏はおそらく本号に該当するものとされるであろう。」
と解説されています。

商標審査基準抜粋

第3条第1項第4号(ありふれた氏又は名称)(PDF)

1.「極めて簡単」について
「極めて簡単」な標章とは、その構成が極めて簡単なものをいう。

2.「ありふれた」について
「ありふれた」標章とは、当該標章が一般的に使用されているものをいう。一般的に使用されていると認められるためには、必ずしも特定の商品又は役務を取り扱う分野において使用されていることを要しない。
(「ありふれた」に該当する例)
① 商品の品番、型番、種別、型式、規格等又は役務の種別、等級等を表した記号又は符号(以下「商品又は役務の記号又は符号」という。)として、一般的に使用されるもの
② 輪郭として、一般的に使用されるもの

3.「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章」について
(1) 「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章」に該当するものとは、例えば、次のものをいう。
(ア) 数字について
数字は、原則として、「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章」に該当する。
(イ) ローマ字について
① ローマ字の1字又は2字からなるもの
② ローマ字の2字を「-」で連結したもの
③ ローマ字の1字又は2字に「Co.」、「Ltd.」又は「K.K.」を付したもの。
ただし、「Co.」、「Ltd.」又は「K.K.」が、それぞれ「Company」、「Limited」又は「株式会社」を意味するものと認められる場合に限る。
(ウ) 仮名文字について
① 仮名文字(変体仮名を含む。)1字
② 仮名文字のうち、ローマ字の1字の音を表示したものと認識されるもの
③ 仮名文字のうち、ローマ字の2字の音を表示したものと認識されるもののうち、そのローマ字が商品又は役務の記号又は符号として一般的に使用されるもの
④ 仮名文字のうち、1桁又は2桁の数字から生ずる音を表示したものと認識されるもの
(例) 「トウエルブ」、「じゅうに」
⑤ 仮名文字のうち、3桁の数字から通常生ずる音を表示したものと認識されるもの
(例) ファイブハンドレッドアンドテン
(エ) ローマ字又は数字から生ずる音を併記したものについて
① ローマ字の1字に、その音を仮名文字で併記したもの
② 1桁又は2桁の数字に、それから生ずる音を併記したもの
(オ) ローマ字と数字を組み合わせたものについて
① ローマ字の1字又は2字の次に数字を組み合わせたもの
(例) A2、AB2
② 数字の次にローマ字の1字又は2字を組み合わせたもの
(例) 2A
③ ①の次に更にローマ字を組み合わせたもの及び②の次に更に数字を組み合わせたものであり、かつ、ローマ字が2字以下により構成されるもの。
(例) A2B、2A5
ただし、③については、その組み合わせ方が、指定商品又は指定役務を取扱う業界において商品又は役務の記号又は符号として一般的に使用されるものに限る。
(カ) 図形について
1本の直線、波線、輪郭として一般的に用いられる△、□、○、◇、 、 、盾等の図形
(キ) 立体的形状について
球、立方体、直方体、円柱、三角柱等の立体的形状
(ク) 簡単な輪郭内に記したものについて
簡単な輪郭内に、(ア)から(オ)までに該当するものを記したものは、原則として、「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章」に該当すると判断する。
(2) 「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章」に該当しないものとは、例えば、次のようなものをいう。
(ア) ローマ字の2字を「&」で連結したもの
(イ) ローマ字の2字を、例えば、
のように、モノグラムで表示したもの
(ウ) 仮名文字のうち、ローマ字の2字の音を表示したものと認識されるものは、原
則として、「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章」に該当しないと判断する。
(エ) 仮名文字のうち、3桁の数字から生ずる音を表示したものと認識されるが、通常生ずる音とは認められないもの
(例) ファイブテン
(オ) 特殊な態様で表されたもの

●対応方法

(1)ありふれていないことを証明する。

(2)ありふれた氏又は名称が含まれていても、それ以外の要素が商標に含まれていることを説明する。

(3)使用実績により自己の商標として認知されているため、使用による識別性(商標法第3条第2項)があるとの主張をする。

商標法第3条第2項
使用をされた結果、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができるがあるときは、例外として登録が認められます。

なお、商標が使用により識別力を有するに至ったかどうかは、例えば、次のような事実を総合勘案して判断されます。
また、出願人以外(団体商標の商標登録出願の場合は「出願人又はその構成員以外」)の者による使用の有無及びその使用の状況も考慮されます。

具体的には、商標の使用状況に関する事実を量的に把握し、それによってその商標の需要者の認識の程度を推定し、その大小ないし高低等により識別力の有無が判断されます。

A 実際に使用している商標並びに商品又は役務
B 使用開始時期、使用期間、使用地域
C 生産、証明若しくは譲渡の数量又は営業の規模(店舗数、営業地域、 売上高等)
D 広告宣伝の方法、回数及び内容
E 一般紙、業界紙、雑誌又はインターネット等における記事掲載の回数及び内容
F 需要者の商標の認識度を調査したアンケートの結果

審決例

「エバラ」の文字は、我が国においてありふれて存在する氏姓の一である「江原」(えばら)の氏を表したものとされた事例H11-4115

「藤野屋画廊」のからなる商標は、名称全体のものとしては、世間一般にありふれて採択、使用されている名称とは認め難いとされた事例H10-11283

やや特殊な書体の「朝くら」の文字がありふれた氏を普通に用いられる方法をもって表示したものとはいい得ないとされた事例S55-6278

「松むら」と「饅頭」の各文字を組み合わせても、特定人の出所に係る商品であることを認識できないとされた事例S53-17014

「ARIGAGOLF/アリガゴルフ/有賀ゴルフ」は、単にその商品がありふれた「有賀」なる氏を有する者によって製造販売されたものであることを表示するにすぎないとされた事例S38-2146

判決例

「森田ゴルフ」の文字からなる商標が、商標法3条1項4号に該当しないとされた事例東京高平成6年(行ケ)第180号

「チバ」の文字が漢字の「千葉」に通じ、漢字の「千葉」の文字はまた、片仮名の「チバ」に通ずるので、ありふれた氏姓としての「千葉」又は「チバ」を指称するものとされた事例東京高昭和42年(行ケ)第144号

Share: