商標調査

お問い合わせ

調査したい商標と、どのような業務(商品やサービス)に使用する商標か、お知らせください。
見積等をご了承のうえ作業にかかりますので、それ以前のご相談までは無料です。いきなり費用がかかることはありません。
詳しくは商標調査お見積をご覧ください。
なお、この商標調査お見積は、書面での調査報告書を作成し、出願・登録はしない場合のものです。
商標登録が目的ではないが、他人の権利を侵害しないかどうか確認するなど、調査をしてその報告書を必要とする場合にご相談ください。

商標登録をするために、登録できそうかどうかの確認のために調査し、その商標を登録までご希望の場合には、商標登録お見積をご覧ください。

商標調査の種類

商標調査は、特許庁ウェブサイトの特許情報プラットフォームで行うことができます。

商標登録の拒絶理由は多数あるため、検索自体はヘルプなどを参照すれば誰でも可能ではあるものの、専門的な知識が必要です。
商標調査は、単に同じ商標がなければ大丈夫というものではありません。
類似商標があっても登録できませんし、侵害をしてしまう危険もあります。
たとえば、「スーパーライオン」と「ライオン」、「cherryblossomboy」と「チェリーブラッサム」とは類似します。
指定商品・指定役務が異なっても、区分が異なっていても、指定商品・指定役務の「類似群コード」が同一であれば類似します。その他にもたくさんの拒絶理由があります。
商標調査は、弁理士にご依頼されることをお勧めいたします。

よく使う調査項目は下記の通りです。

商標出願・登録情報
登録番号・出願番号や、権利者名・出願人名を元に、検索を行います。
商標で検索することもできますが、ずばり同一のものしか見ることができません。

称呼検索
同一商標の調査だけでは、権利侵害の有無、登録できるかどうかの確認のためには不十分です。
称呼とは商標の読み方のことで、これに基づき、同一商標のほか、類似商標を検索することができます。

図形商標検索
類似の図形商標を検索するために、図形のパターンを指定して調査を行います。
図形パターン(ウィーン図形分類)の指定が難しい作業となります。

商標調査とは-商標登録のための調査

自分が登録したい商標が登録されていないかどうかを確認をするために、事前に商標調査を行います。

商標調査をするためには、商標を使用する商品や役務(サービス)を特定して行います。
商標が同一・類似のものであって、しかも商品や役務(サービス)が同一かまたは類似していれば、同一商標・類似商標とされるためです。

なお、指定商品・指定役務が類似しなければ、それぞれの商標が登録されるということはありえます。
この場合、同じ区分の商品・役務どうしであっても類似しない場合がありますし、異なる区分の商品・役務どうしであっても類似する場合があります。

同一商標や類似商標が先に登録されていれば、商標登録をすることができません。
商標がまったく同一であれば商標権侵害や出願の拒絶も明らかなのですが、特に、微妙に類似する場合には、商標専門の弁理士ですら判断が難しいのです。同じ商標がなかったとしても、拒絶される理由は多数あるのです。
検索自体は簡単な操作であっても、商標調査という時の法律的な判断には、やはり専門知識が必要です。

よく、「同じ商標がなかった」というものを本当かと思い調査してみると、類似商標があったということがきわめて高い頻度であります。
調査を省く、あるいは簡単に済ませるなどして、費用を安く済ませようとしても、拒絶理由通知を受ける可能性が高くなり、結局それに対応するための費用がかかってしまうことも多くなります。

類似商標や拒絶理由に気づかずにそのまま出願した場合には、侵害のリスクばかりではなく、おそらく審査でも拒絶されるケースは多々あります。
もちろん費用も無駄になります。
それどころか再度、商標をデザインして、再度出願をして、広告も一からやり直して知名度を上げていかなければなりません。商品のパッケージをすべて変えなければならない、店舗の看板をすべて変えなければならないといったことも想定されます。

商標権侵害にならないか等の確認のための調査

商標登録がされて商標権が成立すれば、独占的な権利が生じます。
他人が商標登録している商標と同一商標や類似商標を使用してしまうと、商標権侵害をしてしまったり、他人から使用の差止めをされたりする場合があり、使用中止、名称変更などのリスクがあります。
それがたとえ会社名や、店舗名、ウェブサイト名、日本語ドメイン名などであっても、使用できないリスクがあるのです。
したがって、商標権侵害のリスクなど、ビジネスの根底を覆しかねないリスクが生じかねないため、きちんとした商標調査を専門家に依頼することは、ビジネスにおいてはとても重要なことです。

当サイトでは、使用予定・使用中の商標と同一又は類似の業務(商品・役務)について、同一または類似の商標が登録されていないか、出願されていないかの調査を、必ず厳密な判断により行います。
お客様の状況や景気動向などにより、調査費用のキャンペーンなどを行うこともありますが、その場合でも調査内容に変更はなく、必ずすべての案件について調査項目の漏れのないように行います。
調査結果のご報告(各種の検索結果、登録可能性の判断、商標や指定商品・指定役務についての助言を含む)や、検索調査の過程を示す検索資料を添付いたします。

拒絶・侵害(損害賠償や使用差止)のリスク説明と、適正価格での調査・助言により、顧客代理人として最善を尽くすことが専門職としての責任です。

ご注意

弁理士に依頼していない場合、特許庁に対する手続は、必ず、各種の改正などで刻々と変わる特許庁の一次情報を必ずご覧ください。

類似商品・役務審査基準
特許情報プラットフォーム
図形等分類表

商標の類似

商標の類似とは、2つの商標を、同一又は類似の商品若しくは役務に使用した場合に、それを取引する者や、一般の需要者が、それら商品等の出所を混同する程度に近似していることをいいます。

たとえば、他人の登録商標と同一か、または類似する商標は登録を受けることができません。これには、商標が同一か類似のものであることと、登録を受ける指定商品または指定役務が同一または類似のものであることとの、両方が満たされていることが条件です。なお著名な商標になると、この著名商標と類似しない商品に使用するものであっても、登録が認められなくなります。

このように、類似という概念が重要なのは、商標は商品や役務の出所標識として機能し、これを見て需要者が商品を購入するなど、信用が第一のものなので、こうした取引の秩序を乱さないようにするためです。

たとえば、ブランド品の鞄で有名な、仮にC社があって、商品にマークを付しているとします。これに目をつけた人がそっくりの類似するマークを付けて、粗悪な安物の模倣商品を販売したらどうなるでしょうか。

こうした弊害をなくすため、商標法では、登録商標に類似する商標の使用も、商標権の侵害とみなして対処しています。もちろん正当に使用許諾(ライセンス)を得ている場合などには、侵害とはなりません。

商標が類似するか否かは、商標の有する外観・称呼・観念のそれぞれの判断要素を取引社会の実情等を鑑み、総合的に判断することとされています。特許庁では商標審査基準を設け、類似商品・役務基準を設けています。

外観類似とは、視覚により判断される、商標の外観上の対比により、類似する場合です。過去に実際にあった例からいいますと、たとえば「ライオン」と「テイオン」は類似します。

称呼類似とは、聴覚により判断される、音声上の対比により、類似する場合です。過去の例でいいますと、たとえば「ミノルカ」と「ミノルタ」は類似します。

観念類似とは、思考により判断される、意味内容からの対比により、類似する場合です。これも過去の例でいいますと、「キング」と「王」、「鈴」と「BELL」は類似します。

これらのいずれかの要素において類似する商標どうしは、類似することになります。

しかし外国語などでは、以前は一般の人が意味も知らなかった単語だったのに、現在は知っているため、以前は類似しなかったものが、現在では観念類似とされる、などの可能性もあり、必ずしも単純ではありません。

しかし、類似するかどうかの判断は専門家でも時として難しく、審査、審判、さらには訴訟までいって争われることもあります。

商標調査報告書の項目

【主要な登録要件の調査・判断項目】
一般的登録要件:商標としての識別力(商標法第3条)

・ 商品またはサービスの単なる普通名称ではないか
・商品またはサービスについて慣用的に用いられる名称ではないか
・指定商品についての単なる品質表示(産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状、価格、生産・使用の方法、生産・使用の時期等)ではないか
・指定役務についての単なる質表示(提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、数量、態様、価格、提供の方法、提供の時期等)ではないか
・ありふれた氏、ありふれた名称を普通に表示しただけの商標ではないか
・きわめて簡単な商標、きわめてありふれた商標ではないか
・その他、需要者が商品または役務(サービス)の出所の識別ができない商標ではないか

具体的登録要件:商標としての識別力(商標法第4条)

・ 公の秩序や善良の風俗を害するおそれがある商標ではないか
・他人の肖像、氏名、名称、著名な雅号・芸名・筆名等を含む商標ではないか
・需要者の間に広く認識されている他人の未登録商標と同一または類似の商標であって、同一・類似の商品・役務について使用をする商標ではないか
・他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある商標ではないか
・商品の品質または役務の質の誤認を生ずるおそれがある商標ではないか
・他人の業務に係る商品又は役務を表示するものとして、日本や外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一・類似の商標であって、不正の目的で使用をする商標ではないか
・ その他の拒絶理由のおそれがないか

【類似商標検索結果】
商標は、他人の類似商標が先に登録されている場合には登録が認められません。類似商標は、同一・類似商品について音声上類似する商標のことをいいます。また、商標の全体が類似しない場合でも、部分的な類似の場合が該当することもあります。また、商標の音声(読み方)の類似・非類似により判断されることを考慮して、いくつかの読み方による調査が必要な場合があります。
調査した指定商品・指定役務(サービス)の分類:
音声上 に類似する商標検索結果:検索結果件数:商標登録番号・出願番号:商標:指定商品・指定役務:弁理士によるコメント

必要に応じ特定の文字を含む商標、特定の図形を含む商標の調査を行います。

【登録可能性の判断】
商標の構成ごと、指定商品・指定役務の区分(類)ごとの出願に関する登録可能性についてのコメント:登録可能性のおおよその数値判断:その理由:対応案やアドバイス等