商標調査  ≡ 記事一覧

お問い合わせ

商標調査のご相談、お見積のご依頼の際には、調査したい商標と、どのような業務(商品やサービス)に使用する商標か、お知らせください。
見積等をご了承のうえ作業にかかりますので、それ以前のご相談までは無料です。いきなり費用がかかることはありません。
詳しくは商標調査お見積をご覧ください。
なお、この商標調査お見積は、書面での調査報告書を作成し、出願・登録はしない場合のものです。
商標登録が目的ではないが、他人の権利を侵害しないかどうか確認するなど、調査をしてその報告書を必要とする場合にご相談ください。

商標登録をするために、登録できそうかどうかの確認のために調査し、その商標を登録までご希望の場合には、商標登録お見積をご覧ください。

商標検索・調査の種類

商標調査は、特許庁ウェブサイトの特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)で行うことができます。
なお、識別力調査や周知商標検索など、インターネット検索や、その他の調査を必要とするものもあります。

商標登録の拒絶理由は多数あるため、検索自体はヘルプなどを参照すれば誰でも可能ではあるものの、専門的な知識が必要です。
商標調査は、検索して、単に同じ商標がなければ大丈夫というものではありません。
類似商標があっても登録できませんし、侵害をしてしまう危険もあります。
たとえば、「スーパーライオン」と「ライオン」、「cherryblossomboy」と「チェリーブラッサム」とは類似します。
指定商品・指定役務が異なっても、区分が異なっていても、指定商品・指定役務の「類似群コード」が同一であれば類似します。その他にもたくさんの拒絶理由があります。
商標調査は、弁理士にご依頼されることをお勧めいたします。

よく使う検索・調査項目は下記の通りです。

商標出願・登録情報の検索調査

商標を指定しての検索
登録番号・出願番号や、権利者名・出願人名を元に、検索を行います。
商標で検索することもできますが、ずばり同一のものしか見ることができません。

ただし複数の商標を一度に検索したり(or検索)、特定の文字を含む商標を検索したり(商標の前後に「?」を入力)、複数の特定の文字列を含む商標を検索したり(and検索)することができます。
(商標は全角文字で入力します)
検索ボタンを押すと検索が行われ、検索結果の件数が確認できます。

識別力の調査をするために、ある言葉がその指定商品についてどのように登録されているか、調べるときに使うこともあります。
たとえば、「?ドットコム? ?.com?」のような検索を行い、登録状況を調べ、識別力の有無の判断に用います。

登録番号を指定しての検索
商標は、登録番号に合致した商標のみが検索されます。
複数の商標を一度に検索したり、出願番号での検索なども可能です。

出願人・権利者名を指定しての検索
商標は、出願人・権利者名に合致した商標のみが検索されます。
複数の商標を一度に検索したり、出願番号での検索なども可能です。

称呼検索

同一商標の調査だけでは、権利侵害の有無、登録できるかどうかの確認のためには不十分です。
称呼とは商標の読み方のことで、これに基づき、同一商標のほか、類似商標を検索することができます。

称呼を入力します
称呼は、調査をする商標の読み方です。
称呼は必ず入力してください(称呼は全角カタカナで入力します)。
(1)1つの商標でも、何通りも称呼(読み方)があるときは、それぞれの検索調査をする必要があります。
(2)商標の部分的な主要部分についても、称呼検索をする必要があります。
2つ以上の単語に分けられる商標は、それぞれの単語だけの称呼の検索をする必要がありますし、普遍的な言葉を含む商標などは、その普遍的な言葉を除いた部分の検索をしなければなりません。
部分的に、商標の主要部分が類似するだけでも、両者が類似商標とされる可能性があるためです。

検索対象とする業務(区分・類似群コード)を入力します
区分と、類似群コードとは、少なくともいずれかを指定します。
類似群コードは、「類似商品・役務審査基準」によって調べて指定します。

図形商標検索

類似の図形商標を検索するために、図形のパターンを指定して調査を行います。
図形パターン(ウィーン図形分類)の指定が難しい作業となります。

図形分類の入力
図形分類は、調査をする図形要素のキーワードです。
複数の図形分類を入力することができます。
標章の図形要素の細分化ウイーン分類表では、様々な図形要素が、大分類、中分類、小分類に分類されていて、3連の数字である図形分類がそれぞれに付与されていることがわかります。
たとえば、山のある風景の図形で、3本の木が配置されている図形商標を調べます。

検索対象とする業務(区分・類似群コード)を入力します
区分と、類似群コードとは、少なくともいずれかを指定します。
類似群コードは、「類似商品・役務審査基準」によって調べて指定します。

識別力(商標法第3条第1項各号)調査

商標調査は、類似商標検索などの、特許庁(特許情報プラットフォーム)での調査だけでは不十分です。

識別力とは
単なる品質表示、原材料表示、産地表示、販売地表示、地名表示効能表示、用途表示、その他の特徴のみからなる表示などの記述的な商標ではないかどうか。
商標の識別力(他の商標と区別できること)の有無などを、検討・調査しなければなりません。
商標法第3条第1項各号に該当するものは、登録が認められないからです。

インターネット検索
このため、インターネット検索での調査を行います。
・インターネット検索では、識別力の有無を調べたい言葉が、どのくらいの件数、使用されているか
・一般的に使用される言葉として使われているか、それとも特定の出所を示す商標として使われているか
・インターネット上の各種の辞書、用語辞典などでどのように使用されているか
・使用されている状況が、ある特定の出所を示す商標として、周知・著名の域に達していそうか
などの判断に用いることができます。

主要な辞書・用語辞典等の調査
「広辞苑」(岩波書店)、「現代用語の基礎知識」(自由国民社)などを活用しての調査を行います。
これらに掲載されているかどうか、どのような内容で掲載されているかは、時に審決、判決などでも用いられるものです。
昨年までは識別力があるとして登録されたのに、今では識別力がないとして登録されないということもありえます。

審決例・判決例の調査
さらに、特許庁での登録例、各種の審決、判決などの調査により判断する等の作業が必要なケースも多々あります。
類似ケースでの過去の拒絶査定不服審判や無効審判等の審決例、さらに審決取消訴訟等の判決例なども、必要な場合には調査いたします。

単に、類似商標の称呼検索をして終わり、ということではありません。

実際の事例

以下のページでは、実際の弁理士の仕事に則した具体的な事例を説明してみたいと思います。
ロゴか文字か・識別力調査 | 類似商標検索調査 | 出願書類作成 | 特許庁への出願・審査

称呼検索

称呼検索は、商標の読み方で検索するものです。
一つの商標でも、いくつもの称呼が考えられることは普通にあります。
さらに、商標全体だけではなく、商標の部分ごとの称呼検索が必要とされるケースも多くあります。

2017102608.jpg
当サイトの名称として、「ショウヒョウトウロクドットコム」と、「ショウヒョウトウロクコム」の2通りの称呼で検索をしてみます。
類似群コードを42R01と指定しました。

2017102609.jpg
ヒット件数は1件でした。
一覧表示でその内容を見ることができます。

2017102610.jpg
一覧表示から、さらにそれぞれの商標の詳細を見ることができます。
さらに、その商標の公開公報や、経過情報などを見ることができます。

実際の事例

以下のページでは、実際の弁理士の仕事に則した具体的な事例を説明してみたいと思います。
ロゴ商標の制作・識別力 | 類似商標検索調査 | 出願書類作成 | 特許庁への出願・審査

図形等商標検索

2017102615.jpg
図形等商標検索の検索画面です。

2017102616.jpg
図形商標の検索のためには、「図形等分類表」を調べなければなりません。
ある図形商標が、どのような図形要素から構成されていて、どの図形分類のコードで検索するか、その判断はとても難しいものです。
検索漏れがあるといけないので、何通りかの方法を考え、検索を行います。

実際の事例

以下のページでは、実際の弁理士の仕事に則して、具体的な事例を説明してみたいと思います。
ロゴか文字か・識別力調査 | 類似商標検索調査 | 出願書類作成 | 特許庁への出願・審査

Share: