商標登録.com > 商標登録 > 特許庁での審査

特許庁での審査-商標登録

出願すると、登録できるかどうか審査されます

商標登録の審査
商標権は独占的な強い権利ですから、あらゆる商標に権利を与えてしまうことはできません。そこで商標登録出願は特許庁の審査官により審査され、審査を通ったものだけが登録となり、登録料を納付して初めて商標権が発生します。

登録できない商標とは
商品やサービスの普通名称や、商品の産地、品質、役務の質、用途などを普通にあらわした商標や、きわめて簡単な商標、ありふれた商標などは、登録されません。 これらは、誰もが使用できることが必要であり、誰かが独占してしまっては困ることになるためです。たとえば、電子計算機について「小型コンピュータ」、りんごについて「リンゴ」「アップル」、宿泊施設の提供について「観光ホテル」、広告について「テレビ広告」「安い広告費用」などです。しかし電子計算機について「アップル」は普通名称などではありません。
普通名称の例:
「時計」(指定商品:時計)
「空輸」(指定役務:航空機による輸送)
慣用商標の例:
「正宗」(指定商品:清酒)
「羽二重餅」(指定商品:餅菓子)
「オランダ船」の図形(指定商品:カステラ)
「かきやま」(指定商品:あられ)
「観光ホテル」(指定役務:宿泊施設の提供)
「プレイガイド」(指定役務:興行場の座席の手配)
品質表示等の記述的商標の例:
「マキトール」(指定商品:ロールブラインド・ロールスクリーン)商品の品質
「Veneto」(指定商品:時計)商品の品質、産地
「那須山麓」(指定商品:乳製品,食用油脂)商品の産地
「PROVENCE」(指定商品:調味料、香辛料)商品の産地、販売地
「フラワーセラピー」(指定商品:フラワーセラピーに供する花)商品の品質、用途
「再開発コーディネーター」(指定役務:知識の教授、セミナーの企画・運営又は開催)役務の質(内容)

また、国の紋章や、一定の国際機関の標章と同一・類似の商標、許可なく他人の氏名等を含めた商標などは登録されません。

さらに、他人の周知商標と同一又は類似であったり、他人の商品等と混同を生ずるおそれがあったり、商品の品質誤認を生ずるおそれがある商標なども、登録されません。 たとえば、「SONYチョコレート」「スターバックスホテル」などは駄目でしょう。

同じ商標や、類似する商標が、同一・類似の指定商品や指定役務(サービス)について先に登録されていないことなども必要です。
類似商標の例:
2018011301.jpg
2018011302.jpg
2018011303.jpg
2018011307.jpg
2018011308.jpg
2018011309.jpg
2018011304.jpg
2018011305.jpg
2018011306.jpg

拒絶理由を想定した商標を採用する。
商標は出願後には変更できない。

商標権の更新
商標権は、権利の存続期間は10年間ですが、更新登録の申請をすることにより、10年ごとに更新し、希望すれば半永久的に所有することができます。商標を長年適正に使用すれば、それだけ商標の信用やブランド力が増大するからです。

Share: