登録商標  ≡ 記事一覧

お問い合わせ

なると金時(徳島県)

なると金時は、温暖で降雨量の少ない瀬戸内式気候の徳島県鳴門市・徳島市・板野郡管内
の砂地畑で栽培されたさつまいもです。
主に徳島県の北部、鳴門海峡に近い砂地のある地域で栽培され、食物繊維、ビタミンがたっぷりで、温暖で降雨量が少ない気候と、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で育てられた鳴門金時は、鮮やかな赤紅色をしています。
栽培される土質は海砂で水はけも通気性も良く、数年に一度砂が補給されます。

なると金時は、早堀り用の品種で、四国や九州地方で多く栽培される高系14号を系統選抜し、表皮が赤く、味・形の優れたさつまいもが育種されたものです。
1980年(昭和55年)頃に、この地域で生産されるさつまいもが「なると金時」と命名されました。
なると金時は、徳島県の青果物の中でトップの取扱量・売り上げを誇ります。

鳴門市里浦町里浦にある鳴門金時には、「里むすめ」というブランド名がついています。「里むすめ」は、JA里浦の厳しい選別を経たなると金時で、他のなると金時より1割も2割も高い値段で取引されることが多い、評価の高いブランドです。

【地域団体商標】
商標登録第5043110号
登録日 平成19年(2007)4月20日
出願番号 商願2006-29467
出願日 平成18年(2006)4月1日
商標 なると金時
権利者 全国農業協同組合連合会
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第31類:徳島県鳴門市・徳島市・板野郡産の金時さつまいも

なると金時のPRとブランド認知のため、試食品を使ってのPRや、各地での店頭販売、徳島県の移動ブランドショップ「新鮮なっ!とくしま号」を使っての日本全国での農作物の紹介などを行っています。
また、子供たちへの食育活動として、どのようにサツマイモができているのかを実際に栽培して体験してもらうため、徳島に来てもらい収穫体験をしたり、料理作りを体験してもらうなど、様々な取り組みもしています。

伊香保温泉(群馬県)

伊香保温泉は、赤城山、妙義山とともに上毛三山と呼ばれる榛名山の、中腹の標高約700m付近に位置しています。万葉の時代、「伊香保」は今の榛名山一帯を指していたようで、歴史の古さを物語っています。
垂仁天皇の時代に開かれたという説と、天平時代の僧、行基によって発見されたという説が伝えられています。
万葉集、古今集の中で詠われ、竹久夢二や徳冨蘆花をはじめとする、多くの文人らにも愛された温泉地です。

伊香保温泉の中心地は石段街とも呼ばれ、石段をはさんで両側に、旅館やホテル、土産物屋などが並んでいます。この石段の町並みは、1576年(天正4年)に遡るもので、傾斜地を活用して温泉街を造成したものです。最上段には由緒ある伊香保神社があります。
現在の石段は、1980年(昭和55年)からの造成で、およそ360段。天正以来の大改修が行われたものです。

伊香保温泉には、湯の色が特徴の黄金の湯と、無色透明な白銀の湯とがあります。
黄金の湯は、湯の中に含まれる鉄分が空気に触れ、酸化して独特の茶褐色になっていきます。

黄金の湯
泉質硫酸塩泉∴カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(中性低張性温泉)浴用の適応症神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・冷え性・病後快復期・疲労回復切り傷・火傷・虚弱児童・慢性消火器病・動脈硬化症・慢性皮膚病・高血圧など

白銀の湯
泉質メタけい酸含有量が温泉法の限界値以上のために、温泉法第2条にいう「温泉」に該当(中性低張性冷鉱泉)浴用の適応症病後快復期・健康増進・疲労回復

【地域団体商標】
商標登録第5067923号
登録日 平成19年(2007)8月3日
出願番号 商願2006-115539
出願日 平成18年(2006)12月14日
商標 伊香保温泉
権利者 伊香保温泉旅館協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第43類:群馬県渋川市伊香保町における温泉浴場施設を有する宿泊施設の提供
第44類:群馬県渋川市伊香保町における温泉浴場施設の提供

伊香保温泉のシンボルとなっている石段街には、温泉情緒を感じさせる情景が広がっています。石段を登りきった先の源泉の隣にある露天風呂では、かけ流しの温泉を贅沢に堪能することができます。石段の途中にある蔵造りの浴場「伊香保石段の湯」は、伊香保独特の茶褐色の温泉です。源泉を直接引いた湯は、子宝の湯としても知られています。
源泉近くにある朱塗りの太鼓橋、河鹿橋(かじかばし)では、毎年秋になるとライトアップが行われ、紅葉風景を楽しむことができます。

このあたりの名物は、400年の歴史をもつといわれる、伊香保名物水沢うどん。
香川の讃岐うどん、秋田の稲庭うどんと並び、日本三大うどんのひとつとして数えられ、榛名山の伏流水と上州産の小麦を使って作られた手打ちうどんです。
周辺には、伊香保グリーン牧場、竹久夢二伊香保記念館などの観光スポットも多くあります。

下関ふく(山口県)

全国に下関といえばフグ(河豚)が名物として名を知られていますが、下関では河豚のことを「ふく」といいます。ふくは福につながる、毒の処理した身をさらしに巻いて一晩寝かせ刺身を引くので「布久」という、等のいろいろな説があります。
ふぐを水槽で生かし、身の締め方、独特の身欠き(さばき)方など、永年伝えられてきた技術が、今も河豚の一大集積地として他を寄せ付けず、南風泊魚市場で水揚げし、身欠きにされたふぐを「下関ふく」と称します。

日本国内に流通するトラフグのうち、天然物はわずか1割ほど。
フグ漁は、主に一本釣や延縄による釣り漁と、底曳網、定置網、刺網を使った漁とにより行われるています。特に高級とされるトラフグは、底延縄漁によって捕獲されることが多く、延縄による漁法は、明治10年頃に山口県の粭島(すくもしま)に伝わったとされます。天然物のトラフグでは、粭島から大分県の姫島にかけて捕れるものが、最高級品とされます。

下関は、日本で水揚げされる天然のトラフグやクサフグなどの、8割近くが集まります。実は、下関の天然トラフグの約6割は、遠州灘沖で漁獲されたものです。浜松市内の舞阪漁港で大量に水揚げされるようになっています。長崎県や熊本県で主に生産される、養殖されたトラフグの多くも集まる、フグの一大集積地です。下関に集まったフグはここで毒を持つ内臓部分を除去する等の加工がされ、消費地へと運ばれていきます。特に下関の唐戸魚市場は、1933年(昭和8年)に開設されたフグの取引所として知られ、大型船が接岸できる南風泊(はえどまり)市場は、日本最大のフグ取り扱い市場として知られます。

山口県、大阪府など西日本を中心にフグ料理は作り上げられ、全国に広まりました。フグの本場とされる山口県、北九州地方などでは「ふく料理」、大阪などでは「テッポウ料理」あるいは「テツ料理」などとも呼ばれます。
フグはその内臓などに毒をもつため、調理には資格が必要です。

ふぐ刺しは、フグの身の刺身のことで、ふぐ引き包丁と呼ばれる特殊な包丁を使用します。
ふぐ鍋は、魚の切り身鍋を指す「ちり」をつけて「ふぐちり」とも呼ばれ、関西ではテッチリとも呼ばれます。鍋の後に、塩で味を調整しご飯を入れて煮立たせると、ふぐ雑炊となります。
ふぐの唐揚げも定番の料理です。
ふぐの白子焼き、白子揚げ、煮凝りなども、一品料理として出されます。
ふぐのひれ酒、ふぐのヒレの部分を干物に加工し、火で炙ったものを熱燗入れたものです。

下関唐戸魚市場仲卸協同組合が作った「下関ふく」マークは、2004年に商標登録されました。

商標登録第4739572号
登録日 平成16年(2004)1月9日
出願番号 商願2003-37906
出願日 平成15年(2003)5月9日
商標
12017122103.jpg
権利者 下関唐戸魚市場仲卸協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第29類:下関産ふぐ(生きているものを除く。),下関産ふぐを原材料とした加工水産物,下関産ふぐを原材料としたお茶漬けのり,下関産ふぐを原材料としたふりかけ,下関産ふぐを原材料としたなめ物
第31類:下関産ふぐ(生きているものに限る。)

このマークは、南風泊市場で水揚げされ、組合員が取り扱うフグとその加工品だけに認められる印で、シールにして付されます。

【地域団体商標】
商標登録第5174640号
登録日 平成20年(2008)10月17日
出願番号 商願2007-101872
出願日 平成19年(2007)9月30日
商標 下関ふく
権利者 下関唐戸魚市場仲卸協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第29類:山口県下関市南風泊で水揚げされて身欠き処理されたとらふぐ(生きているものを除く。)

甲州水晶貴石細工(山梨県)

甲州での水晶の原石は、1000年も前の平安時代に、御岳昇仙峡の奥、奥秩父連峰の金峰山において発見されました。これが甲府での水晶細工の起源です。
当時は原石のまま飾りとしていましたが、やがて細工を施すようになり、既に戦国時代には水晶細工が行われていたものといわれます。

江戸時代の天保年間、京都より玉造りの職人を迎え、砂を鉄板に巻いて水晶を磨く方法が伝えられました。甲州研磨と言われるこの方法が、江戸時代末期には地場産業の基盤を築きました。当時、水晶やひすいなどを使った数珠や帯留、根付などの産地として、既に知られていました。

しかし、明治時代の末頃には、水晶資源が絶え、大正初期には南米やアフリカ諸国から水晶やめのう、ダイヤモンドなどの貴石を輸入して、伝統の研磨技術を駆使して加工する産地となっていきました。

現在では、より精密で高度な技術を駆使した国内向けの美術品を生産し、工芸品から芸術作品へと、加工の品質を高めています。
山梨県で水晶や貴石に、細工を施して製造されたブローチ、ペンダント、ネックレス、イヤリング、指輪などの、原石を削り彫刻して磨く作業は、熟練した職人による緊迫した作業により行われます。中でも石を鎖状に彫る遊環技術の素晴らしさは、甲州水晶貴石細工ならあではのものです。

甲州水晶貴石細工の作品ができるまでの工程は、下記のような流れになります。

石取りは、天然宝石の形、縞目、傷などを観察して、原石から何を作るかを決めるものです。
石取りした原石を切断します。
次に絵付けでは、切断した原石に、どのような形に作るかを示す元絵を描きます。
元絵から外れている部分を、原石から切り取ります。
カキ込みは、不要な部分を切り取った後の石を、元絵にしたがってその形に整えます。
荒摺加工では、研磨剤である炭化硅素(0.5mm径)で削ります。
中荒摺加工では、研磨剤である炭化硅素(0.05mm径)で研磨します。
仕上げ摺加工では、研磨剤である炭化硅素(0.005mm径)で、さらに精密に研磨します最後に、研磨剤(酸化クローム) で磨きます。

【地域団体商標】
商標登録第5424367号
登録日 平成23年(2011)7月8日
出願番号 商願2010-76452
出願日 平成22年(2010)9月30日
商標 甲州水晶貴石細工
権利者 山梨県水晶美術彫刻協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第14類:山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造されたブローチ・ペンダント・ネックレス・イヤリング・指輪,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された根付,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された彫刻,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された置物用仏像,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された置物用五重塔,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された置物用観音像,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された面の置物,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された動物を型取った置物,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された恵比寿・大黒の置物,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された四天王の置物,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された置物
第21類:山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された菓子鉢・皿・グラス・コーヒーカップ・湯飲み・急須,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された香炉,山梨県で水晶又は貴石に細工を施して製造された花瓶

山梨県は、今でも宝石の加工産業が盛んな地域で、地場産業として根付いています。
また、日本で唯一の装身具(ジュエリー)を取扱う公立系専修学校である、山梨県立宝石美術専門学校は、山梨県が甲府市に設置した、地場産業である宝石装飾の人材育成のために作られた学校です。卒業生は、数年の就業経験を経てジュエリーマスター認定制度の認定を受け、装飾品の職人として育っていきます。

Share: