商標登録.com > 登録商標 > 千葉

千葉-登録商標

市川のなし、市川の梨(千葉県)

千葉県は全国一の梨生産地で、中でも市川市はトップクラスの梨の一大産地です。幸水、豊水、あきづき、新高がその代表品種です。
市川の梨の栽培は、200年以上の歴史があります。江戸時代より栽培され、千葉県の梨栽培発祥の地となっています。
豊水やあきづきの親品種である石井早生は、市川の農家が育成したものです。

「市川の梨」は京浜の青果市場を中心に出荷され、また選果場や各直売所から全国に発送されています。以前の「千葉の梨」と表示した包装容器を「市川の梨」に変更し、現在では「市川の梨」の差別化とイメージアップに力を注いでいます。

【地域団体商標】
商標登録第5066922号
登録日 平成19年(2007)8月3日
出願番号 商願2007-5590
出願日 平成19年(2007)1月15日
商標 市川のなし
権利者 市川市農業協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第31類:千葉県市川市及びその周辺地域産の梨

【地域団体商標】
商標登録第5066923号
登録日 平成19年(2007)8月3日
出願番号 商願2007-5591
出願日 平成19年(2007)1月15日
商標 市川の梨
権利者 市川市農業協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第31類:千葉県市川市及びその周辺地域産の梨

市川市農業協同組合では、出荷する包装容器に地域団体商標の権利の記載を行っています。
出荷に際しては、検査員による品質検査を行っています。
組合では、市川商工会議所と連携し、ブランド協議会を立ち上げ「市川の梨」のシンボルマークを作成し、こちらも商標登録を行いました。シンボルマークは、パンフレットやシールとしてPRに活用しています。
さらに、シンボルマークを使用して、「市川の梨」を使った和菓子、洋菓子の開発を行うなど、地域の活性化、「市川の梨」のブランド推進計画の実施など、幅広く活動しています。

商標登録第5389902号
登録日 平成23年(2011)2月10日
出願番号 商願2010-63748
出願日 平成22年(2010)8月12日
商標
2017121801.jpg
権利者 市川市農業協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第31類:千葉県市川市及びその周辺地域産の梨

Share: