商標登録.com > 登録商標 > 神奈川

神奈川-登録商標

足柄茶(神奈川県)

足柄茶は、1923年(大正12年)の関東大震災により大きな被害を受けた地域の山村の産業復興策として、当時の足柄上郡清水村(現足柄上郡山北町)に導入され、産地化されたことが始まりとされています。
その後生産が拡大し、県西北部、丹沢山麓を中心として茶産地が形成されました。現在では、相模原市、南足柄市、小田原市、秦野市、愛川町、山北町、松田町、湯河原町、真鶴町、開成町、中井町、清川村でお茶が生産されており、総称して「足柄茶」と呼んでいます。

神奈川の丹沢・箱根山麓一帯は、その気候・風土がお茶栽培に最適です。金太郎マークの足柄茶は全国的に知られ、全国茶品評会一等賞、朝日農業賞、農林水産大臣賞など、数々の賞をこれまでに受賞してきました。

足柄茶は「かながわブランド」 「かながわ名産100選」、「本場の本物」に選定されています。

足柄茶ブランドの推進拡大と知名度の向上を目指し、地域団体商標の登録を行うとともに、ブランド保護・PRのための活動を継続しています。

【地域団体商標】
商標登録第5061753号
登録日 平成19年(2007)7月13日
出願番号 商願2006-37786
出願日 平成18年(2006)4月11日
商標 足柄茶
権利者 かながわ西湘農業協同組合、厚木市農業協同組合、秦野市農業協同組合、津久井郡農業協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第30類:神奈川県内で生産された茶を神奈川県足柄地域で仕上げ加工した緑茶

足柄茶を使った菓子などの商品開発や、行政機関と協力して足柄茶のPR活動を展開するなど、さらに消費者に認知されるための様々な活動を行っています。

Share: