商標登録.com > 商標登録事務所通信 > 商標あれこれ > 選挙と「希望の党」の商標登録のこと

商標あれこれ-商標登録事務所通信

選挙と「希望の党」の商標登録のこと -2017年10月19日

折しも衆議院選挙選中。
そもそもなんでまた選挙になっているんだっけ、という気がしないでもないですが、今回の選挙では、商標登録ネタの数々が明らかになっています。

昨年の都議選での都民ファーストの大躍進からと、希望の塾の開講に続いて、国政に進出するのかしないのかと、今年になってから話題になりました。
その際にも、国政政党を作るのであれば、その名称は、国民ファーストなのか日本ファーストなのか等々、取りざたされていたものです。

新聞報道によれば(2017年9月20日付朝日新聞)、東京都の小池百合子知事の後押しを受ける若狭勝衆院議員は、
「28日の臨時国会召集までに結成する国政新党の党名について、『(自身が作った政治団体の)日本ファーストの会とは全く違う名前にする。頭の中で決めている政党名がある』と述べた。」
とのこと。
実はこの時点ですでに、新党名の商標登録がされていたのですね。

登録番号 第5977658号
登録日 平成29年(2017)9月1日
出願番号 商願2017-20204
出願日 平成29年(2017)2月20日
商標 希望の塾
標準文字商標
権利者 
小池 百合子
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
16 印刷物,紙製のぼり,紙製旗,文房具類,紙製包装用容器,プラスチック製包装用袋

41 技芸・スポーツ又は知識の教授,政治・経済・地方行政・地方自治・財政・税・待機児童・福祉・医療・議会・選挙制度その他国政・地方政治に係る課題に関する知識の教授及びこれらに関する情報の提供,政治家及び政治家を志す者への知識の教授(政治塾を含む。)及びこれに関する情報の提供,セミナー・研究会・研修会・講演会・シンポジウムの企画・運営又は開催,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,図書の貸与,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。)

42 政治・経済・地方行政・地方自治・財政・税・待機児童・福祉・医療・議会・選挙制度その他国政・地方政治に関する調査・研究及び提言並びにこれらに関する情報の提供,政治政策課題の解決に向けた調査及び研究,建築又は都市計画に関する研究


登録番号 第5977657号
登録日 平成29年(2017)9月1日
出願番号 商願2017-20203
出願日 平成29年(2017)2月20日
商標 希望の党
標準文字商標
権利者 小池 百合子
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
16 印刷物,紙製のぼり,紙製旗,文房具類,紙製包装用容器,プラスチック製包装用袋

41 技芸・スポーツ又は知識の教授,政治・経済・地方行政・地方自治・財政・税・待機児童・福祉・医療・議会・選挙制度その他国政・地方政治に係る課題に関する知識の教授及びこれらに関する情報の提供,政治家及び政治家を志す者への知識の教授(政治塾を含む。)及びこれに関する情報の提供,セミナー・研究会・研修会・講演会・シンポジウムの企画・運営又は開催,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,図書の貸与,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。)

42 政治・経済・地方行政・地方自治・財政・税・待機児童・福祉・医療・議会・選挙制度その他国政・地方政治に関する調査・研究及び提言並びにこれらに関する情報の提供,政治政策課題の解決に向けた調査及び研究,建築又は都市計画に関する研究


それにしても、選挙戦も終盤となっている現時点では、まさかの民進党の解党的合流、その後の排除発言等々を経て、一時は与党に迫る大躍進も囁かれていた希望の党が失速、排除された側を中心に結成された立憲民主党が大躍進などとも伝えられています。
こうした報道での予測の信頼性もどうなのかとは思います。

どこの政党を支持するかといったこととは関係なく、今回の一連の騒動は、ブランディングという観点から見てもきわめて興味深いものがあります。
ブランドを捨てて新参ブランドに飛びつく議員とか、それでは元々の理念は何だったのかとか、思うところはいろいろありますが、選挙中でもありますので、ここまでにしておきたいと思います。

Share: