商標登録.com > 商標登録 > 特許庁での審査 > 4.出願すると、登録できるかどうか審査されます

特許庁での審査 ≡ 記事一覧

4.出願すると、登録できるかどうか審査されます

商標登録の審査
商標権は独占的な強い権利ですから、あらゆる商標に権利を与えてしまうことはできません。そこで商標登録出願は特許庁の審査官により審査され、審査を通ったものだけが登録となり、登録料を納付して初めて商標権が発生します。

登録できない商標とは
商品やサービスの普通名称や、商品の産地、品質、役務の質、用途などを普通にあらわした商標や、きわめて簡単な商標、ありふれた商標などは、登録されません。 これらは、誰もが使用できることが必要であり、誰かが独占してしまっては困ることになるためです。たとえば、電子計算機について「小型コンピュータ」、りんごについて「リンゴ」「アップル」、宿泊施設の提供について「観光ホテル」、広告について「テレビ広告」「安い広告費用」などです。しかし電子計算機について「アップル」は普通名称などではありません。

普通名称の例:
「時計」(指定商品:時計)
「空輸」(指定役務:航空機による輸送)
慣用商標の例:
「正宗」(指定商品:清酒)
「羽二重餅」(指定商品:餅菓子)
「オランダ船」の図形(指定商品:カステラ)
「かきやま」(指定商品:あられ)
「観光ホテル」(指定役務:宿泊施設の提供)
「プレイガイド」(指定役務:興行場の座席の手配)
品質表示等の記述的商標の例:
「マキトール」(指定商品:ロールブラインド・ロールスクリーン)商品の品質
「Veneto」(指定商品:時計)商品の品質、産地
「那須山麓」(指定商品:乳製品,食用油脂)商品の産地
「PROVENCE」(指定商品:調味料、香辛料)商品の産地、販売地
「フラワーセラピー」(指定商品:フラワーセラピーに供する花)商品の品質、用途
「再開発コーディネーター」(指定役務:知識の教授、セミナーの企画・運営又は開催)役務の質(内容)

また、国の紋章や、一定の国際機関の標章と同一・類似の商標、許可なく他人の氏名等を含めた商標などは登録されません。

さらに、他人の周知商標と同一又は類似であったり、他人の商品等と混同を生ずるおそれがあったり、商品の品質誤認を生ずるおそれがある商標なども、登録されません。 たとえば、「SONYチョコレート」「スターバックスホテル」などは駄目でしょう。

同じ商標や、類似する商標が、同一・類似の指定商品や指定役務(サービス)について先に登録されていないことなども必要です。
類似商標の例:
2018011301.jpg
2018011302.jpg
2018011303.jpg
2018011307.jpg
2018011308.jpg
2018011309.jpg
2018011304.jpg
2018011305.jpg
2018011306.jpg

拒絶理由を想定した商標を採用する。
商標は出願後には変更できない。

拒絶理由通知

拒絶すべき理由があるときは、審査官は出願人(当事務所弁理士が代理人となるときは当事務所宛て)に拒絶理由通知を送付します。
なお、手続補正書は、たとえば指定商品・指定役務を訂正・削除等すれば、拒絶理由が解消するときなどに提出します。

また、査定が確定するまでの間、通知がない時でも提出することができ、これを自発補正といっています。この出願では、途中で一度、細かい直しをしたのか、指定役務の補正をする自発補正をしています。この書面は省略します。

審査の期間については、審査の状況により一概にはいえませんが、5か月~10か月前後はかかることが普通です。

手続補正の注意点
商標の場合には、いったん補正により指定商品・指定役務を削除するなどして範囲を狭めた後に、また広げることは認められません。
範囲を広げるなどした場合には、要旨変更として補正が却下され、補正されなかったのと同じ状態になります。

さらに、【補正対象項目名】の欄を「指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分」とした場合には、【補正の内容】に記載される指定商品・指定役務だけが残ることになります。

一例として、出願のときに第35類と第42類を指定していて、両方必要であるのに、第42類だけに訂正の必要があった場合でも、【補正の内容】に第42類だけを記載してしまうと、その瞬間に第35類が消えて無くなってしまいます。
これを避けるためには、【補正の内容】には訂正がない第35類と、訂正後の第42類の両方を記載するか、または【補正対象項目名】を第42類と記載します。

登録査定・拒絶査定

拒絶理由がないとき、あるいは拒絶理由通知に対し、意見書・手続補正書等の書類を提出し、拒絶理由が解消した場合には、登録査定となります。
拒絶理由が解消しなかった場合に、拒絶査定となります。これに対する不服申立の手続もあります。

2017111922.jpg

登録査定の場合には原則として10年分の登録料を納付すれば、登録になります。
なお、5年ごとに2回に分けて分割納付することもできますが、納付する登録料は割増になります。
登録料を支払えば、登録となり、後日登録番号が付き、商標登録証が送られてきます。

2017111923.jpg

この他、登録後に無効審判や、3年間不使用による取消審判、不正使用による取消審判などにより権利を消滅させるための手続があります。


商標の決定 > 商品・役務を指定 > 登録手続の流れ > 特許庁での審査 > 商標権の更新登録

弁理士補助プラン 商標調査と書類作成 / 弁理士補助プラン(総額15000円+消費税)

自社出願サポート 調査だけ、書類作成だけ、意見書だけ、必要な時の弁理士サポートプラン


pagebottom