商標登録.com > Q&A・サポート > 商標調査Q&A > 登録可能性が低い場合にはあきらめなければいけませんか?

商標調査Q&A-商標登録.com(TM)


  • \弁理士が代わりに検索してくれる!無料診断でお見積/

無料 商標の検索トライアル >>

  • 簡単3分入力  見積と無料検索に料金はかかりません
  • ユーザー登録不要 クラウドに個人情報は残しません

登録可能性が低い場合にはあきらめなければいけませんか?

あきらめずに登録の可能性に賭けて最善を尽くすこともありますが、別の商標への変更をお勧めすることもあり、個別に判断いたします

商標調査の結果、登録可能性が低いというご報告をした場合には、必ずしもあきらめなければならないということはありません。
どうやっても無理であろうと判断できる場合には、費用も無駄になってしまうため、出願をお勧めしないことも多くあります。

また、登録できそうかどうかの可能性が、たいへん微妙である場合があります。
たとえば、他人の商標が類似商標であるかどうかが微妙な場合や、識別力があるといえるかどうかが微妙であるときなどです。

このようなときには、その検討結果をご報告の上、それでも出願を希望されるかどうか、ケースバイケースで対応いたします。

登録可能性を高めるための検討やご提案をするケースも

登録可能性を高めるためのご提案などをすることもあります。
他の言葉を付け加えて、少し商標をアレンジしてみる、あるいはデザインしたロゴにする、その他のご提案をする場合があります。

ただし、商標を登録するのは、自分が使用する商標を保護するためであり、現実に使用される商標を守ることができる出願でなければ意味がありません。
たとえば使用もしないロゴを作ったり、使用しない他の言葉と組み合わせた商標で出願をしても、それを使用するのでなければ意味がありません。

登録可能性が低くても出願をご要望される場合の注意点

登録可能性が低くても出願をご要望される場合には、ご要望に添うことはできますが、注意点があります。

他人の商標が類似商標であるかどうかが微妙な場合に、あえて出願をしたとします。
その結果、登録できれば問題はないのですが、登録できなかった場合には、他人の商標権の侵害に問われるおそれがあることもあります。
また、類似商標があるために出願が拒絶になった後に、別の商標に変更しなければならないこともあります。

新規に考えて使用を開始する商標の場合には、最初から別の商標に変えて、登録できる可能性が高いことを確認してから、出願をすることをお勧めしています。

既に使用している商標について、今から変更が難しいという理由で、出願してみることはありえます。
しかしこうした場合でも、本来は、登録可能性が高い商標か、少なくとも他者の商標権侵害にならないような商標を、初めから出願されることをお勧めいたします。

  • \弁理士が代わりに検索してくれる!無料診断でお見積/

無料 商標の検索トライアル >>

  • 簡単3分入力  見積と無料検索に料金はかかりません
  • ユーザー登録不要 クラウドに個人情報は残しません

関連ページ:

商標調査Q&A

shohyo-toroku.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録.com All Rights Reserved