商標登録.com > Q&A・サポート > 手続についてQ&A > 日本語とアルファベットの、両方の商標を登録しなければいけませんか?

手続についてQ&A-商標登録.com(TM)

Q&A・サポート > よくいただくご質問 | ドメイン名の商標登録 | 商号・屋号の商標登録 | ECサイトの商標規約 | 小売業の商標登録 | 商標登録用語辞典 | お客様の声・ご相談事例


無料相談、無料検索トライアル


日本語とアルファベットの、両方の商標を登録しなければいけませんか?

日本語の商標とアルファベットの商標は、別々に登録することが可能です。
ただし別個の手続になりますので、費用などもそれぞれについてかかります。

このような場合には、どちらかだけを登録する方法や、振り仮名を振ったり、2段に併記して商標登録をする方法などがあります。
どのような方法が一番いいのかは、ケースバイケースですので、一概にはいえません。

商標が登録されれば、商標権は登録商標に類似する商標も権利の範囲内となりますので、色彩が異なる商標や、文字の書体が異なる商標、大文字と小文字の違い程度では、類似範囲とされます。
ちょっと変えただけで権利が守られなくなるのでは、商標制度の意味がなくなってしまうため、類似範囲が設けられています。
類似する商標により商標の真似や、偽ブランドなども防ぐことにより、登録商標は守られます。


shohyo-toroku.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録.com All Rights Reserved