商標登録.com > 自分で商標登録-自社出願サポートサイト > 方式補正

方式補正 ≡ 記事一覧

お問い合わせ

手続補正指令書

出願が受理されると、書類の形式的な審査である方式審査が行われます。
商標登録願などの提出書類の書式不備、誤記、手数料の金額の誤りなどがあると、手続補正指令書(方式)が送られてくることがあります。
これに対しては手続補正書(方式)により対応することができ、その方法は補正指令の内容によります。

●手続補正書(方式)
手続補正書(方式)(pdf形式)
手続補正書(方式)(word形式)

●手続補正書(手数料)
手続補正書(手数料)(pdf形式)
手続補正書(手数料)(word形式)
不足分の金額を記入し、特許印紙を貼り付けて提出します。

※出願番号通知で通知された番号を、下記の欄に記載してください。
【事件の表示】
  【出願番号】 商願20**-0*****

※出願人が複数いるときは、下記の欄を繰り返し、法人(会社など)の場合には代表者の欄を設けてください。
【補正をする者】
  【住所又は居所】  **********
  【氏名又は名称】  *****株式会社
  【代表者】       ** **
【補正をする者】
  【住所又は居所】  **********
  【氏名又は名称】  ** **

※特許庁から送られてきた「手続補正指令書(方式)」の右上にある6桁の発送番号を、下記の欄に記載してください。
【発送番号】   ******

●【補正の内容】の記載方法は、手続補正指令書(方式)の内容によって異なります。また手続は慣れないと複雑です。
当ウェブサイトではご説明しきれず、弁理士による対応は有料となりますので、下記をご参考にされることをお勧めいたします。

  手続補正書作成サポートは、こんな場合に最適です。

指定商品・指定役務の記載の訂正をしたいが、適切な書き方が難しい。

手続補正を指示されたが、間違いがないかどうか自信がない。

手続補正書で拒絶理由が解消できるなら、弁理士に依頼したい。

方式補正
項目 弁理士手数料
手数料補正書 5000~10000円
手続補正書(方式) 10000~20000円
手続補正書
項目 弁理士手数料
指定商品・指定役務の修正・削除 ~10000円
※同時に複数の拒絶理由が通知された場合でも、それぞれの金額を合算することはなく、原則として上記の内の1つの反論の費用で済みます。
※区分の数が多い場合等、作業内容が特に困難と見込まれます場合には、事前に、料金表とは異なる料金で個別にお見積いたします。

Share:

pagebottom