商標登録.com > 拒絶理由通知 > 審決例(4条1項8号) > 「CHANEL DE BEAUTE」の文字は、他人の名称「CHANEL」を含むものであり、その承諾を得ていると認められないとされた事例

審決例(4条1項8号)-商標登録.com(TM)


無料相談、無料検索トライアル


「CHANEL DE BEAUTE」の文字は、他人の名称「CHANEL」を含むものであり、その承諾を得ていると認められないとされた事例

【種別】無効審判の審決
【審判番号】無効昭和44-9018
【事案】
本件商標は、「CHANEL DE BEAUTE」(「L」と「D」及び「E」と「B」の間は少しあけてある)の欧文字を書してなり、第16類「テープ、リボン、その他本類に属する商品」を指定商品とするものである。
【拒絶理由】
商標法4条1項8号
【審決における判断】
請求人会社「CHANEL」(シャネル)の名称は、香水その他の化粧品、被服その他の服飾品などの商品を通じて我が国の取引者、需要者の間に広く認識されているものである。
一方、本件商標は構成前記のとおりであるところ、そのうち語頭部に表された「CHANEL」の文字は、請求人の名称として広く認識されている「CHANEL」と一致しているばかりでなく、全体の構成文字は14文字と比較的多いものであり、しかも、何らの語義を有しない造語とみられる「CHANEL」の文字と、美の、美しいを意味する「DE BEAUTE」の文字とが結合された結果、一体として親しまれた特定の観念を生じ、常に一体不可分にのみ称呼、観念しなければならない格別の事情も認め難いものである。
してみれば、一般世人がこれに接した場合、請求人の名称として広く認識されている「CHANEL」の文字部分が「DE BEAUTE」に比較して圧倒的顕著に印象づけられるものといわなければならない。
そうとすれば、本件商標は他人の名称である「CHANEL」の文字を含むものであり、かつ、その承諾を得ているものとも認められない。
したがって、本件商標は、商標法4条1項8号に該当する。


shohyo-toroku.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録.com All Rights Reserved