商標登録ドットコム > Q&A・サポート > 商標の審査Q&A > 商標が類似するかどうかは、どのように審査されるのですか?

商標の審査Q&A-商標登録ドットコム™

商標が類似するかどうかは、どのように審査されるのですか?

特許庁の指針である商標審査基準に基づき、外観類似、称呼類似、観念類似を総合的に判断します

指定商品・指定役務が類似するかどうかは、商標登録出願の審査において重要です。

類似商標が先に他人によって出願され、登録されてしまうと、商標登録ができません。
商標が類似するということの意味は、ネーミングやロゴなどの商標が類似していて、しかも、指定商品・指定役務が同一・類似である場合です。

審査において、指定商品・指定役務が類似するかどうかが重要になるばかりか、商標権侵害かどうかなどが争われる裁判の場においても、商品・役務の類似は重要なポイントとなります。

ただし裁判においては、実際に使用している商標の態様、取引の状況など様々な事実認定と判断が重要視されますので、ここでは、商標登録出願の審査における判断について説明します。

商標審査基準

文字商標、図形商標などの商標が類似するかどうかは、審査官によって、次のように判断されます。

商標は、現実の商品・サービス取引の実情では、時と所が異なる場面で人々の目に触れるものです。
そこで、2つの商標を同時に対比して観察するよりは、時と所が異なっている状況を想定した離隔的観察により判断されます。

商標と、指定商品・指定役務との関係や、現実の取引の実情を勘案し、需要者の注意力から、誤認や混同をするおそれがあるかどうか等を判断します。

類似商標に関する商標審査基準については、商標法第4条第1項第11号の説明において詳しく掲載しています。

もっと詳しく 先に出願された他人の同一商標・類似商標(商標法第4条第1項第11号)

外観類似、称呼類似、観念類似

具体的には、商標審査基準に基づき、個別・具体的に審査され判断されます。

1 商標の類否の判断は、商標の有する外観(見た目)、称呼(読み方)及び観念(意味合い)のそれぞれの判断要素を総合的に考察しなければならないとされています。

外観類似の例
犬の図形の類似の例

称呼類似の例
松竹梅酒造と松竹梅は類似する

観念類似の例
カブトガニの図形とカブトガニは類似

2 商標の類否の判断は、商標が使用される商品又は役務の主たる需要者層(例えば、専門家、老人、子供、婦人等の違い)その他商品又は役務の取引の実情を考慮し、需要者の通常有する注意力を基準として判断しなければならないとされています。

3 振り仮名を付した文字商標の称呼については、たとえば、「紅梅/こうばい」と「ベニウメ」は類似するとされます。

4 結合商標の類否は、その結合の強弱の程度を考慮し、著しく異なった外観、称呼又は観念を生ずることが明らかなときを除き、結合したそれぞれの商標の「部分」についても判断されます。

5 音声(称呼)のみによって判断するときは、全体の音の数や、母音・子音の類似と相違、音の強弱などの要素を総合的に判断します。

商標審査基準は絶対的な法令ではない

商標審査基準は、あくまでも特許庁という行政の指針であって、法令ではありません。
審査官の審査の便宜のため、そして商標登録出願人の予見可能性のために、一般に公開され、審査の基準とされているものです。
通常の審査ではこれらの基準通りに行われますが、審判、裁判などで争われる場合があります。

もっと詳しく 商標審査基準の効力(判決例)


関連ページ:

商標の審査Q&A

商標登録ドットコム™ 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録ドットコム All Rights Reserved