商標登録.com > Q&A・サポート > 手続についてQ&A > 文字商標とロゴ商標のどちらで出願する方がいいですか?

手続についてQ&A-商標登録.com(TM)


  • \弁理士が代わりに検索してくれる!無料診断でお見積/

無料 商標の検索トライアル >>

  • 簡単3分入力  見積と無料検索に料金はかかりません
  • ユーザー登録不要 クラウドに個人情報は残しません

文字商標とロゴ商標のどちらで出願する方がいいですか?

文字商標で登録するのがいいか、ロゴなどの図形商標で登録するのがいいかは、ケースバイケースです

実際には調査などもしたうえで、個別・具体的に検討し、決定します。

ネーミングそのもので登録できそうな場合には、通常のありふれた書体の文字商標、あるいは標準文字での登録でいいでしょう。
商標が登録されれば、商標権は登録商標に類似する商標も権利の範囲内となりますので、色彩が異なる商標や、文字の書体が異なる商標、大文字と小文字の違い程度では、類似範囲とされます。

一方、ネーミングをデザインして、ロゴなどの図形商標にした場合にも、通常書体の文字商標と類似であることがほとんどのため、文字商標で登録してもいい場合があります。

デザインも含めて模倣を防ぎたいなどの場合には、図形商標での商標で登録でもかまいません。

文字商標か、図形商標か、判断のポイント

ケースバイケースなのでいちがいにはいえませんが、ロゴか文字か、検討して決定する作業の手順や、その考え方は、おおまかには下記のフローチャートに示す通りです。
黒字に白抜き文字のところが、出願人・代理人が行う部分です。


logo_flowchart.jpg

識別力調査(商標法第3条)の検討の結果、登録できる可能性が低いと判断されるとき

識別力調査(商標法第3条)の検討の結果、文字商標が一般的な言葉(普通名称や品質表示など)であるときは、相当程度デザインを施した図形商標などにしないと、登録が困難であることがあります。
こうした場合にはロゴなどの図形商標にすることも多いでしょう。

あるいは、文字商標の選定をし直します。

文字だけでなく、図形の模倣も防ぎ、保護をしたいとき

また、識別力がある場合であっても、ロゴ制作をすることが多いでしょう。
ネーミングが異なると、図形が似ていても類似範囲とはならなくなりますので、ロゴのデザインを真似されたくない場合には、ロゴなどの図形商標で登録するか、文字商標と図形商標とを別々に登録する方法もあります。

図形だけの保護で足りるとき

商標の主要部が図形でありこれを保護したいとき、図形やキャラクターだけの商標であるなどの場合には、図形商標での出願ということになります。



関連ページ:

もっと詳しく 同じようなロゴマークがないかどうか、調べたいのですが?
もっと詳しく 商標(文字・ロゴ)の決定
もっと詳しく ロゴ商標登録

  • \弁理士が代わりに検索してくれる!無料診断でお見積/

無料 商標の検索トライアル >>

  • 簡単3分入力  見積と無料検索に料金はかかりません
  • ユーザー登録不要 クラウドに個人情報は残しません

関連ページ:

手続についてQ&A

shohyo-toroku.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録.com All Rights Reserved