商標登録.com > 商標登録事務所通信 > 2019年09月

2019年09月:商標登録事務所通信-商標登録.com(TM)


カテゴリー

事務所通信 | NEWS LETTER | 当サイトのお知らせ | 弁理士業務雑感
知財支援 | 地域ブランド応援
商標登録 | 商標豆知識 | 商標あれこれ | 検索してみる

商標登録事務所通信 ≡ 記事一覧

最新記事

当サイトのリニューアル
商標法施行規則、類似商品・役務審査基準の改正と、第29類・第30類の菓子についての注意点
地域ブランドの事例に学ぶ商標マーケティング
「類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2020版対応〕について
商標審査基準(店舗の外観・内装)の改訂

当サイト及び関連サイトに対するスパム行為の調査レポート -2019年09月30日

当サイト運営者は、弁理士資格を有し、日頃より弁理士法、個人情報保護法、不正アクセス禁止法、その他の法令を遵守して業務を行い、関連各サイトの運営と執筆を行っております。

しかしながら2019年1月頃より、不詳の第三者より、いわれのない関連各サイトへのスパム行為が行われ、直近の9月頃まで業務妨害がされた状況となっておりました。

なおgoogle社及びドメイン管理会社等の協力により、2019年10月3日時点では問題の原因は迅速に解消されております。

続きを読む

googleコアアップデート -2019年09月26日

googleの検索結果の変動が話題になっていたので、書きました。
自分のサイト、業界に関連する内容で、多少の特殊要因もあるため、他の業界の参考になるかはわかりません。

Google SearchLiaison 氏のツイッターアカウント
@searchliaison の2019年9月24日のツイートによって、検索エンジンgoogleのコアアップデートの話題が急に出ています。

引用:
「The September 2019 Core Update is now live and will be rolling out across our various data centers over the coming days.」

見ての通り、当サイトは「商標登録」に関するサイトですし、その関係の検索結果順位はいまだ変動中ですが、実は8月前半から変動していました。
また、8月前半、中旬、9月初めなどにも、検索結果が変動しているという記事が各所に出ていました。

Webmaster Central Blog の2019年8月1日の記事、
「What webmasters should know about Google’s core updates
Thursday, August 01, 2019」
に、 google検索は毎日アップデートしている、ただしコアアップデートで順位が落ちたら、大きくは次のアップデートまで検索順位は上がらないかもしれない、ユーザーの役に立つコンテンツを提供し続けること、という要旨の内容が書かれていました。

続きを読む

「白い恋人」の商標権侵害訴訟で和解した両社がコラボ -2019年09月12日

「白い恋人」といえば、北海道土産の著名な菓子として知られています。札幌市の石屋製菓が製造販売しているものです。

吉本興業(大阪市)が2011年に発売した菓子「面白い恋人」を巡って、その販売差し止めや損害賠償を請求し石屋製菓が提起した訴訟は、2013年に札幌地裁で和解が成立しています。

それから8年。
なんと、石屋製菓と吉本興業が、両社のコラボレーションによる菓子「Laugh&Sweets ゆきどけ」を発売すると発表しました。
大阪・大丸心斎橋店の「イシヤ心斎橋」のみ限定で販売されるということです。

和解直後に、吉本興業側から「コラボ商品を出しませんか」と提案され、その商魂に驚いたという石屋製菓ですが、今度は、大阪に直営店の出すことになった石屋製菓の方から持ちかけたというから、こちらも商売上手です。
直営店開店の宣伝にはなりますし、いろいろ批判的な評判・報道もあった吉本興業のイメージ回復にも役立ちますし、和解をイメージさせるとともに北海道の菓子であることもアピールする「ゆきどけ」という絶妙なネーミング。

「白い恋人」が著名商標になるまでのブランド保護

「白い恋人」と、「面白い恋人」とでは、一番目立つ最初の語が異なることや、色彩を示す「白い」と、愉快であることを示す「面白い」とで意味合いもまったく異なるなど、本当に類似商標であるのか、商標権侵害になるのかといった疑問や異論もあろうかと思います。

和解では、吉本興業が「面白い恋人」のパッケージ図柄を変更し、関西6府県に販売地域を限定するなどの条件で折りあったことが、当事者により明らかにされています。

実は、「面白い恋人」の方も商標登録出願をしていましたが、商標法第4条第1項第7号(公序良俗違反)に該当することを理由として拒絶されました。
これには、「白い恋人」が既に著名商標であったこと、その信用にただ乗りして取引秩序を乱すという判断があったものと思われます。

石屋製菓では、「白い恋人」について、第30類の菓子はもちろん、それ以外の区分の商品等についても、多数の商標登録をしており、ブランド保護に努めてきたことがわかります。

第30類の菓子を含む登録だけでも、下記の12件の登録が検索されました。
これらの出願日、登録日とあわせて見ると、ロゴの変遷、パッケージや包装の変遷と保護、テーマパークの開設など、ブランディング活動の手を緩めることなく、著名商標を作り上げ、守り続けていることがわかります。

2019091201.png
登録番号 : 第1435156号
登録日 : 昭和55(1980)年 9月 29日
出願日 : 昭和51(1976)年 12月 3日


2019091202.png
登録番号 : 第1656297号
登録日 : 昭和59(1984)年 2月 23日
出願日 : 昭和53(1978)年 5月 12日


2019091203.png
登録番号 : 第1656298号
登録日 : 昭和59(1984)年 2月 23日
出願日 : 昭和53(1978)年 5月 18日


2019091204.png
登録番号 : 第1709421号
登録日 : 昭和59(1984)年 8月 28日
出願日 : 昭和56(1981)年 11月 17日


2019091205.png
登録番号 : 第3227313号
登録日 : 平成8(1996)年 11月 29日
出願日 : 平成6(1994)年 3月 22日


2019091206.png
登録番号 : 第4767289号
登録日 : 平成16(2004)年 4月 23日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 4日


2019091207.png
登録番号 : 第4767290号
登録日 : 平成16(2004)年 4月 23日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 4日


2019091208.png
登録番号 : 第4778317号
登録日 : 平成16(2004)年 6月 11日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 2日


2019091209.png
登録番号 : 第4782150号
登録日 : 平成16(2004)年 6月 25日
出願日 : 平成15(2003)年 7月 2日


2019091210.png
登録番号 : 第5406257号
登録日 : 平成23(2011)年 4月 15日
出願日 : 平成21(2009)年 11月 26日


2019091211.png
登録番号 : 第5406258号
登録日 : 平成23(2011)年 4月 15日
出願日 : 平成21(2009)年 11月 26日


2019091212.png
登録番号 : 第6162138号
登録日 : 令和1(2019)年 7月 12日
出願番号 : 商願2018-98680

「黒い恋人」、「黄色い恋人」は他者によって登録されていた

ところで、「白い恋人」と「面白い恋人」とでは、色彩を示す「白い」と、愉快であることを示す「面白い」とで意味合いもまったく異なるなど、本当に類似商標なのかという疑問を、感じないわけではありません。

一方で、同じ色彩を示す言葉を組み合わせた下記のような商標が、第30類の菓子について登録されています。
「白い恋人」とは類似しないと判断されたことになりますが、そもそも色が違うので意味合い(観念)が異なることと、読み方(称呼)が類似しないということが大きくは判断の理由だろうと思います。

下記の商標3件については、それ以上詳しくは調べていませんので、こんな登録がされていたという事例です。

2019091213.png
登録番号 : 第4514509号
登録日 : 平成13(2001)年 10月 19日
出願日 : 平成12(2000)年 12月 25日
権利者 : あさひかわ農業協同組合


2019091214.png
登録番号 : 第5443568号
登録日 : 平成23(2011)年 10月 7日
出願日 : 平成23(2011)年 4月 5日
権利者 : あさひかわ農業協同組合


2019091215.png
登録番号 : 第5768641号
登録日 : 平成27(2015)年 6月 5日
出願日 : 平成27(2015)年 1月 6日
権利者 : (長野県の民間企業)

商標による店舗の外観・内装の保護 -2019年09月10日

商標制度による店舗の外観・内装の保護と、そのための法改正や基準作りが、具体的なスケジュールにのってきそうです。

2019年9月19日開催予定の、産業構造審議会知的財産分科会商標制度小委員会・第27回商標審査基準ワーキンググループにおいて、「店舗の外観・内装の商標制度による保護等について」が議題にあげられています。
産業構造審議会知的財産分科会商標制度小委員会  第27回商標審査基準ワーキンググループの開催のお知らせ

店舗の外観・内装の模倣等を防ぐための保護については、従来、不正競争防止法による保護がなされてきました。
また、物品のデザインを保護する意匠登録の制度や、立体商標の制度を活用して、部分的にはこれまでも保護が図られてきました。

店舗の外観・内装の保護といっても、無制限に権利を設定して保護していては、きりがなく、イメージとしては、著名なカフェチェーンの外観や、コンビニエンスストア、銀行など、チェーン店の統一されたデザインの周知になっている外観・内装等について、保護する制度の拡充が検討されているところです。

昨年12月に開催された第4回商標制度小委員会では、
「我が国の商標制度において、店舗の外観・内装は、店舗の外観・内装の立体形状それ自体が独立して出所を認識させるものであれば、立体商標としての保護の対象となり得る。」とされ、
新しいタイプの商標として既に導入されている、店舗の特定の位置に付する標章は位置商標、店舗に用いられる色彩は色彩のみからなる商標として、現行制度でも保護の対象となり得ることも明確にしていました。
店舗の外観・内装の商標制度による保護について(PDF)

店舗の外観・内装は、店舗の機能や美観の面からも各種の工夫がなされ、特に大規模チェーン店などでは統一したデザインで使用され、企業や店舗のブランディングのめに保護を認める必要性が議論されてきました。実際に模倣される事例も後を絶たないことから、商品等の出所を示す外観はトレードドレスとして、国際的にも保護される制度を設ける国もあります。ただしトレードドレスの定義も、保護の対象や法制度もまちまちです。
トレードドレス(Wikipedia)

参考判例:
コメダ珈琲店事件(平成27年(ヨ)第22042号)
2016年12月、東京地方裁判所において、店舗外観が不正競争防止法上の「商品等表示」に該当することが認められ、コメダ珈琲店の店舗外観と類似する店舗外観の使用禁止を認める仮処分決定が下されました。

コメダ珈琲店の店舗外観は、立体商標の登録によっても保護されています。
コメダ珈琲店の店舗外観の立体商標登録

このような流れを受けて、
産業構造審議会知的財産分科会第5回商標制度小委員会(2019年8月)では、今後の対応の方向性として、特許庁による店舗の外観・内装の保護に関する調査研究、海外の制度・運用及び事例、わが国商標制度上の法制面・運用面の論点整理などを行うとしています。
参考資料 店舗の外観・内装の商標制度による保護等について(PDF)

この中で、商標制度において店舗の外観・内装を保護する場合の権利範囲の特定方法等については、具体的な検討として、下記の3案の検討を行っています。

「A案:
立体商標、位置商標、色彩のみからなる商標等を組み合わせた商標を新しいタイプの商標として認め、登録により保護を与える案。権利範囲が広くなり得るのがメリットだが、諸外国の制度との整合性が低く、第三者の商標選択の幅が狭まることや、調査負担が増大するとの懸念もある。」

「B案:
店舗の外観又は内装からなる立体商標を出願する際に、商標を構成する要素を実線で、構成しない要素を破線等で描くことを認めるとともに、商標の詳細な説明を願書に記載できるようにする案。既存の立体商標制度をより柔軟な制度としつつ、権利範囲を明確化できるのがメリットである。」

「運用の見直し:
立体商標・位置商標・色彩のみからなる商標で、店舗の外観・内装を保護しやすくするため、商標の特定に関する商標審査基準・便覧を見直す。」

その結果、現行の立体商標制度の見直しによって店舗の外観・内装を登録するB案が望ましく、運用の見直しを行うことが望ましいと結論づけるとともに、一方で安易に店舗の外観・内装が登録されることにより、店舗デザインの選択の幅が限定されることや、無用な紛争が増加することは好ましくないとして、今後、制度の検討がされることとなりそうです。

なお、意匠法においても、従来は、建築物は「物品(=動産)」に含まれないことから意匠権で保護することがきなとされてきましたが、「特許法等の一部を改正する法律(令和元年5月17日法律第3号)の成立によって意匠法も改正され、意匠の定義に「建築物…の形状等」が追加されました。
改正意匠法が施行された後は、建築物の外観デザインについても意匠権の保護対象とされることになります。

商標登録.com(TM)15周年 -2019年09月02日

2000年5月に開業した当事務所は、当初は事務所公式ウェブサイトのみを運営しておりました。
当時は、市販のソフト(ホームページビルダー等)で1ページずつ制作しておりました。

2017111901.jpg
(2001年当時の事務所公式サイト)

2003年頃から、当時普及が始まったBLOGソフトをサーバーに設置する試みを開始し、2004年になって事務所公式サイトを一新するのに合わせ、商標登録.com(TM)、意匠登録.com(TM)ほか、テーマごとの専門サイトを開設いたしました。

2017111902.jpg
(2004年当時の事務所公式サイト)

2017111903.jpg
(2004年当時の当サイト)

以来、何度かのデザイン変更、携帯電話対応、スマートフォン対応、HTTPS化、セキュリティの強化などの機能を取り入れながら、コンテンツを拡充、更新しつつ運営を行っております。


kanehara.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク
Since 2004.3.3

Copyright 商標登録.com All Right Reserved