登録事例 >  > キャラクター商標の指定商品・指定役務

-商標登録.com(TM)


カテゴリー

商標ブランディング | ブランディング | ネーミング | ロゴ商標 | キャラクター
新しいタイプの商標 | 動き商標 | ホログラム商標 | 色彩のみの商標 | 音商標 | 位置商標
各種商標の活用事例 | 立体商標 | 団体商標 | 地域団体商標

登録事例 ≡ 記事一覧

北海道 | 北海道
東北 | 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東・東京 | 茨城 栃木 群馬 千葉 埼玉 東京 神奈川
甲信越 | 山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海・名古屋 | 静岡 愛知 岐阜 三重
近畿・京都・大阪 | 滋賀 京都 大阪 奈良 和歌山
中国 | 兵庫 岡山 鳥取 島根 広島 山口
四国 | 徳島 香川 高知 愛媛
九州・沖縄 | 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

キャラクター商標の指定商品・指定役務

キャラクター商品について商標登録しようとする場合には、たとえば文房具、印刷物、アクセサリー、衣類、各種の雑貨、インターネット上のコンテンツなど、広範な範囲にわたり登録が必要な場合が多くあります。
また、商品展開をするうちに、商品ジャンルが増えていく可能性もある一方、売れ行きが思わしくなければ、商品ジャンルが思うように広がらない結果になることもあります。

こうした商標では、必要となる商品・役務の分野が多いため、通常の手法で商標登録いたしますと、
アクセサリー・・・第14類
文房具、印刷物・・・第16類
鞄・・・第8類
衣類全般・・・第25類
雑貨小物全般・・・商品の種類により第21類、第24類、他、
ダウンロードするコンテンツやゲーム・・・第9類
インターネット上のコンテンツやゲーム・・・第41類
となり、少なくとも5区分、たとえば8区分程度といった多区分にわたることが想定されます。

この場合、相当の費用がかかりますが、費用の節約をお考えの場合には、変則的な方法ではありますが、第35類の1区分だけを指定して、商品の小売・卸売りに付随する業務を指定することができます(店舗名などの商標では多用する方法です)。
本来は商品の区分それぞれを登録することが望ましいものの、第35類だけの上記方法でも、他社の登録や使用を防ぐことができるため、効果としてはほぼ同じです。

この詳細は下記にご説明しております。
https://shohyo-toroku.com/trademark/retail.html
費用を節約することを主目的として、やむをえず、こちらでの登録をお勧めする場合もよくあります。


kanehara.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録.com All Rights Reserved