登録事例 > キャラクター > キャラクター商標登録

キャラクター-商標登録.com(TM)


カテゴリー

商標ブランディング | ブランディング | ネーミング | ロゴ商標 | キャラクター
新しいタイプの商標 | 動き商標 | ホログラム商標 | 色彩のみの商標 | 音商標 | 位置商標
各種商標の活用事例 | 立体商標 | 団体商標 | 地域団体商標

登録事例 ≡ 記事一覧

北海道 | 北海道
東北 | 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東・東京 | 茨城 栃木 群馬 千葉 埼玉 東京 神奈川
甲信越 | 山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海・名古屋 | 静岡 愛知 岐阜 三重
近畿・京都・大阪 | 滋賀 京都 大阪 奈良 和歌山
中国 | 兵庫 岡山 鳥取 島根 広島 山口
四国 | 徳島 香川 高知 愛媛
九州・沖縄 | 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

キャラクター商標登録

商標は先に出願をした者が優先して登録することができますが、これはキャラクターの商標についても同じです。

企業キャラクター、商品キャラクター、サービスキャラクター、ウェブサイトキャラクターなどに類似する図形商標を、他者に商標登録されてしまった場合には、商標として使用することができません。

したがって、キャラクターデザインに際しては、図形商標を調査して登録を検討することが大切です。
商標調査には専門的判断を必要としますので、キャラクターデザイン案の制作・選択と、商標調査とは連携して行う必要があります。

当サイトでは、企業や地方自治体のキャラクターの調査や商標登録、あるいはキャラクターデザインの募集・コンテストに付随して図形商標調査を行うことなど、この分野での案件も多く取り扱っております。

キャラクターを創作した者にはもともと著作権が生じるため、何もしなくても権利が保護されていると単純に思われがちです。

しかし、商品または役務(サービス)について使用するキャラクター、つまり業務上、識別標識・出所表示として使用するキャラクターは、商標であり、商標法では先に類似商標が登録されてしまうと、録も使用もできないとされています。

著作権侵害で勝手に登録された商標であれば、これを無効にする方法もありますが、たまたま類似するキャラクターが登録されてしまっては、どうすることもできない場合があります。
したがって、商標権者の許諾なくして使用してしまうと、使用の差止や、損害賠償請求をされるおそれがあり、キャラクターの制作において商標調査に大切なものです。

なお、他人の著作権を侵害していないことにも注意が必要となりますが、著作権の所在については、調査がまず不可能です。登録されていないキャラクターにも著作権があるからです。
したがって、キャラクターを制作したデザイナーが著作権侵害をしていないことを確認し、必要であれば契約によって明確に規定を設けるなどすることもあります。


kanehara.com 運営者情報

金原商標登録事務所 | 事務所概要

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 TEL 03-6421-2936 FAX 03-6421-2937

電話する benrishi@kanehara.com 平日 9時~ | 土・日・祝 原則休み

業務内容 | 商標・意匠の調査・出願・中間手続。審判など争訟手続。知財関連業務全般。

制作・著作

金原 正道 ©Masamichi Kanehara |  |  | mail

サイトご利用規約 | 個人情報・秘密情報 | 著作権・リンク

Copyright 商標登録.com All Rights Reserved